• HOME
  • 投稿
  • PICK UP
  • カップル・ハネムーンで外せない人気都市まとめ(海外・国内)

カップル・ハネムーンで外せない人気都市まとめ(海外・国内)

PICK UP

WAWA travel.で紹介されたウクライナ、パラオなど、カップルや夫婦での旅行や、ハネムーンなどで訪れてほしい人気都市をご紹介!

\ウクライナ/ 憧れの恋のトンネル

(出典元)
恋が叶う?!幻想的な緑のトンネルがウクライナにあった♡
https://wawa-travel.com/pro/6193

ライター:unaoki さん

プロタビニストのunaoki さんが投稿してくれたのは、ウクライナの「恋のトンネル」。
ウクライナという国には、あまり馴染みがないかもしれません。
ウクライナは、ロシア、ポーランド、ルーマニアや、黒海に面している東ヨーロッパの国で、 日本の約 1.6 倍の国土面積に、4,000 万人程度が住む国です。
ウクライナに日本から旅行するには、90 日以内なら、ビザも不要で意外と気軽に行けます!
治安についても、首都キエフ付近では、外務省の危険度でもインドネシアやインドなどと同じレベル 1 で危険は大きくはないようです。
ただし、ロシアとの国境に近い東側はレベル 3 とかなり危険な地域とされています。(2019 年 10 月現在) source;https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/ukraine/data.html#section1
そんな、ウクライナで有名なのは、ハネムーン、カップルにオススメナンバー1 の「恋のトンネル」。
近年では、非常に有名になったため、どこかで見たことがある方も多くいらっしゃるかもしれません。
ウクライナ西部のクレヴェンにある自然が作り出した約 3km のトンネルで、フォトスポットとして有名な場所です。

◆◆◆◆◆

◆Tunnel of love◆
ウクライナにある『恋のトンネル』 奥までずーーーっと続く緑のトンネルはとても幻想的で、まるでおとぎ話の中の世界! 愛する人とこのトンネルを通ると、恋が成就するとも言われています♡
(unaoki さん)

◆◆◆◆◆

まさに、ハネムーンや、カップルで行く海外旅行としてはうってつけ! ここにいくには、少し時間がかかるとのこと。

◆◆◆◆◆

「恋のトンネル」の難点がアクセスが悪い点です。 首都のキエフや世界遺産の街リヴィウから日帰りで行く方も可能ですが、1 日がかりのかなりハードなスケジュールになると思われます。 最寄りの街リブネに宿泊して、タクシーやバスで訪れるのがおすすめです。 ただし、バスの場合はバス停から歩くのでご注意ください。
(unaoki さん)

◆◆◆◆◆

「恋のトンネル」はクレーヴェンという小さな街にあるので、キエフから行くならリウネか ら、リヴィウから行くならルーツクという都市経由で、丸一日がかりとなります。

バスでもいけるようですがタクシーやUBERでも数千円でいけるようですので、複数人で行く場合はタクシーや UBERの方がいいかも。

なかなか気軽にはいけないですが、一生の想い出に残るハネムーンやカップル旅行をウクライナで楽しんでみては!?

\パラオ/ 地上の楽園で夫婦・カップル旅行!

(出典元)
【PALAU】地上の楽園パラオ “Palau Pacific Resort” で過ごす極上の 4 日間
https://wawa-travel.com/post_trips/14513

ライター:Miyu さん

プロタビニストの Miyu さんが紹介してくれたパラオ。 パラオという国は、西太平洋のミクロネシア地域に位置する 500 以上の群島からなる国。
日本からパラオまでの飛行時間は直行便なら 5 時間ほどで、グアム経由なら 11 時間程度です。
直行便は、現在は不定期でハイシーズンしか飛んでいないようです。
時差もないので、直行便があるときは、忙しくても気軽にいけますね!
そんなパラオの見どころは何と言っても自然の海!
入国時には誓約書を記載する必要があるくらい、国が自然を守る決意を持っています。

中でも有名なミルキーウェイは、なんと乳白色の海!?

ここでは美容成分を豊富に含む泥パックも楽しめるようです!

◆◆◆◆◆

この海の色を見られるのは きっとここだけではないでしょうか。
この色の秘密は石灰岩。
石灰岩が泥となり海底に溜まることで、この独特な色を生みだしているようです。
気になる泥の成分は美容成分が豊富だそうでみんな身体中にぬりぬり。
最後は海にダイブして泥を洗い落とします。
(Miyu さん)

◆◆◆◆◆

時期によっては気軽にいけるパラオは、忙しいカップルの旅行や夫婦のハネムーンにもぴったり!
手つかずの自然を楽しめます。

Miyu さんの記事では、他にも見どころをいっぱい紹介してくれているので、ぜひご覧くださいね!

【PALAU】地上の楽園パラオ“Palau Pacific Resort”で過ごす極上の4 日間
https://wawa-travel.com/post_trips/14513

\フィリピン・パラワン/ 最後の秘境で二人だけの時間

(出典元)
【フィリピン最後の秘境】パラワン島の絶景巡りTrip..!
https://wawa-travel.com/post_trips/7474

ライター:KEITO さん

旅好きで、夫婦でオーストラリアに移住までしたプロタビニストの KEITO さん。
そんな KEITO さんがオススメしてくれるのがフィリピンのパラワン島!

◆◆◆◆◆

《フィリピン最後の秘境》と呼ばれるパラワン島。

フィリピンには 7000 を超える島々がありますが、パラワンはその中でも有数の絶景に恵ま れた島。
アクセスがやや不便なことから中々足を伸ばせなかったパラワンですが、近年新たに空港が作られ気軽に行けるようになりました。
□まだまだ日本人観光客が少なくちょっと優越感に浸れる
□物価が安く、気兼ねなく旅行が楽しめる
□今まで見たことのないような絶景が広がっている
そんなパラワンを是非みなさんも訪れてみてください♩
(KEITO さん)

◆◆◆◆◆

あまり聞いたことがないのは、これまでアクセスが不便だったからなんですね。
パラワン島は、フィリピンの南西にあり、細長い島(南北約 400km・東西約 40km)。 熱帯の密林に覆われた「フィリピン最後の秘境」と言われており、多くの生態系が残り世界遺産にも登録されています。
豪華なリゾート施設も多くあり、アジアの隠れ家リゾートとして、人気がでてきています。
日本からは、マニラ、セブまで行き、AirSWIFT(エアスウィフト)航空でマニラとセブからエルニドまでの直行便で行きます。
観光の目玉は、アイランドホッピングツアー。

KEITOさんによると、アイランドホッピングは主に A、B、C、D と 4 つのコースに分かれ ており、さらにそれぞれプライベートツアーか、グループツアーか、自分の好きなコー スを予約するツアーとのこと。

プライベートツアーは約 4500 ペソ(9000 円)、グループツアーは約 1400 ペソ(3000 円) で、プライベートツアーは少し値段は高いけど、好き放題ドローンを飛ばしたり、他のツア ーの人たちと被らないように時間をずらして島を巡れるとのことです。

これからは観光客がどんどん増えるかも。。。 ハネムーンやカップル旅行で、こんなステキな写真がとれるのは、いまだけかもしれないので、ぜひお早目に!
なお、KEITO さんはバンタヤン島も紹介してくれており、こちらもカップルにもオススメです!

第2のボラカイとも呼ばれる【バンタヤン島】の魅力スポットまとめ
https://wawa-travel.com/pro/7503

\日本国内/ 高知・長崎などでほっこりカップル旅

(出典元)
癒しと美食の街、高知で過ごす2泊3日の夫婦旅
https://wawa-travel.com/post_trips/6988

ライター:asami114

プロタビニスト asami114 さんが紹介してくれた国内夫婦旅は高知県!
asami114さんの記事ではひろめ市場、高知城、隈研吾さん設計『ゆすはら雲の上の図書 館』、日本のスイス『四国カルスト』、絶景ポイント『中津渓谷』など、ここは本当に日本!? と思うような高知県の魅力をたっぷり紹介してくれています。

【四国カルスト】
愛媛と高知の間に位置する四国カルストは、山口県の秋吉台、福岡県の平尾台に並ぶ日本三大カルストのひとつです。
カルストとは、雨の浸食で石灰岩が地表に現れている地形のことを言います。 標高 1,500m ほどの高地にあり、夏は避暑にももってこいです。

【中津渓谷】
中津渓谷は、高知県の北西部にある仁淀川町にあるとてもきれいな渓谷です。 約 2.3kmの水も緑も大変美しい散歩道があるようです。
この青さは、仁淀ブルーと呼ばれているとのことです。 https://niyodoblue.jp/%E4%B8%AD%E6%B4%A5%E6%B8%93%E8%B0%B7/

今度の連休は、夫婦、カップルでぜひ高知県に足をのばしてみて日本ならではの自然やグルメを満喫してみては?

(出典元)
お盆休みはハウステンボスで決まり!想像以上に異国情緒溢れるジェニック旅
https://wawa-travel.com/pro/5543

ライター:喜多 桜子さん

世界を二周もしているプロタビニスト喜多桜子さんは、長崎ハウステンボスでの夫 婦でのジェニック旅を紹介!
写真からは、まるでヨーロッパのような長崎ハウステンボスのフォトを紹介してくれています。

◆◆◆◆◆

今日は、オランダ大好きなわたしがずーーーっと行きたかった「JALで行くハウステンボス&長崎市内の旅 2 泊 3 日」の旅レポートをお届けしたいと思います。
・海外に行きたいけどまとまったお休みが取れない
・日本にいながら外国気分を味わいたい
・旅行先で悩んでいる
そんな方はぜひ参考にしてみてください
(喜多桜子さん)

◆◆◆◆◆

長崎からハウステンボスへのレトロな電車や、ステキなアジサイの写真なども紹介してくれています。
オールシーズン楽しめる長崎ハウステンボス。 童心に返れるアトラクションもフォトジェニックも楽しめます!

URL)
https://www.huistenbosch.co.jp/

※写真はすべてWAWA travel.からの引用
https://wawa-travel.com/

1
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

コメントするためにはログインが必要です。

ログインはコチラ

新規登録(約30秒)はコチラ

■この記事を書いたタビニスト

WAWA 編集部

3,430 views

プロフィール

関連記事一覧