成田空港で感じた日本の新型コロナウイルス対策への甘さ

PICK UP

新型コロナウイルス。

今や皆が戦々恐々とし本当の情報は何なのか政府の対応は正しいのか、
そして何故今だに日本には中国人観光客が沢山いるのか。
こんなにも沢山の情報が出回っている中確信できる情報が無い事に違和感さえ感じる。

2月25日、私はスリランカ航空でスリランカに向かった。
今や日本はコロナの国という印象が強いのかCAさんはマスクと手袋をし、また一切私たち日本人に触れない。
普段だと飛行機に乗り込んだ瞬間にボーディングパスをCAさんが受け取り席を教えてくれるがそれがない。
接触を避けているのだろう。

約9時間達着陸間際になるとCAさんが一斉にスプレーを飛行機中に撒きはじめた。
殺菌剤のようなアルコールのような臭いと白い煙が飛行機中を覆った。
スリランカに入国する日本人と、飛行機を消毒しているのだろう。
そして飛行機を降りるとTVカメラさながらの大きさのサーモグラフィーが5.6台設置してあり、
その画面を迷彩柄の服を着た職員の方がざっと10人以上で真剣にチェックしていた。

スリランカでのコロナ感染は1月末に中国人観光客が空港のサーモグラフィーに引っかかり検査をしたところ陽性だった為、スリランカ内で治療し回復し中国に帰国した1人だけでそれ以来感染者は0人だ。
もちろん中国人観光客の受け入れを禁止している為、スリランカに滞在中の4泊6日中国人は1人も見なかった。
さすがだな、と思う厳重さを感じた。

それに比べて成田に帰国した私は唖然とした。
こんなにも感染者が増え続けているのにも関わらず、
簡単にだれでも入国できる印象だった。
小さくどこにあるかさえわからないくらいの1台のサーモグラフィーを1人の職員が見ていた。
そしてあろうことかその職員はぼんやりしていた。
そりゃあコロナ感染が広がる訳だ。

自分が日本人である事が急に恥ずかしくなった。
何故そんなに簡単に入国できるようになっているのか?
その時思った。
「日本という国は私たちを守ってくれない」
だからこそ自分達で守るしかないんだ。

中国人を団体以外も入国禁止にできない理由も、
イベントやライブを"中止してください"と言えず"自粛して下さい"としか言えない理由も、
政府側の自己防衛なのだろう。
政府側が"中止にしてください"と断言してしまったら、
そこで少なくとも発生してしまう金銭リスクの責任問題の矛先を政府に向けられてしまったらたまらないのだろう。
そのような政府の責任を取りたくないという断固とした意思表示に、軽蔑の意を込めた拍手を送りたい。

スリランカ滞在中は、「日本人?コロナ大丈夫?」「中国と韓国と日本、今大変だね」と沢山声をかけられた。
遠く離れたスリランカの人達には日本はもはやコロナの国という認識があるのだろう。

スリランカを出国する時、空港職員はやはり私たち日本人には絶対に触ろうとしない。
本来ならばマスクを外してパスポート写真と顔を照らし合わせるがマスクを外すようには一度も言われなかった。
スリランカの人はとても優しく温かい。
そのようなスリランカの人達が私たちに触れないのは日本人を嫌っているわけではなく、コロナを嫌っているのだ。
中国人の入国を禁止にしている理由も同じ。

日本も中国人を嫌うわけではなく、コロナをもう少しきちんと嫌うべきなんだ。

そして「コロナなんか怖くない!」と発信し普段と同じように生活をしたり、イベントを開催するのはナンセンスだということに気がついていない少数人数の日本人にも今一度個人単位で考え直して欲しい。

例えば「コロナなんか怖くない!」と発信しているあなたの友達のお婆ちゃんは同じ考えでしょうか?
もしあなたがイベントを開き、そこに参加した無症状で感染に気がついていない感染者がコロナをばら撒いてしまい、それにより感染してしまった人が呼吸器に持病を持つ人だったらどうするのか。
さらに言えばその先にいる大量の人にもリスクを及ぼすことになる。

人の連鎖は思っているよりも多く繋がっている。
政府がグレーな態度を貫くからこそ、個人がきちんと考えなければならないのだ。

中国人を入国禁止にできない理由は、
インバウンド需要や中国人観光客への経済的依存性、そして受ける経済的ダメージと計り知れず決断できない理由もよく分かる。

それでも政府の方々よ、
今は"日本"を守る時ではない。
"国民"を守って下さい。
この世界のすべてで一番大切なのは人命です。

そして、成田空港の職員ももっと危機感を持って入国者のチェックを願いたいものだ。

マスクやトイレットペーパーを買い占め
インターネットで転売してるあなた。
あなたのやっていることは人としての生き方を放棄した行動です。
人として、人らしく生きてください。

これ以上この国に絶望したくない。

外国に行くこと、旅することによって学ぶことは、歴史や文化以外にもっとあるという事に気がつかされ考えさせられるスリランカの旅となった。

8
  • コメント ( 1 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. 川原 万未亜川原 万未亜

    私も2月へシンガポールへ行き、他国の厳重な対応を見て、日本の対応の緩さを凄く感じました。
    有力且つ勇気ある発信、真剣に拝見させて頂きました。少しでも早くコロナが終息し、安心して旅が出来るようになる日が来ることを願います✨

コメントするためには、 ログイン してください。

コメントするためにはログインが必要です。

ログインはコチラ

新規登録(約30秒)はコチラ

■この記事を書いたタビニスト

WAWA 編集部

7,400 views

プロフィール

関連記事一覧