• HOME
  • 投稿
  • PICK UP
  • ニューヨークでの交通・移動手段について(地下鉄/徒歩/タクシー/Uber/)

ニューヨークでの交通・移動手段について(地下鉄/徒歩/タクシー/Uber/)

PICK UP

ニューヨークでの一番良く利用される交通手段といえば、
やはりメトロですよね。
細かくニューヨーク中のありとあらゆる場所にメトロは張り巡らされているので、
本当に便利です。
メトロは24時間動いています。
メトロ内の治安も近年ではとてもよくなっているので、心配せずに乗れるでしょう。
しかし、夜中にメトロに乗るのはやはり心配要素がありますので避けましょう。

あとは徒歩で移動している方もとても多いですね。
ニューヨーカー達はとてもよく歩きます。
2ブロック先、3ブロック先に行く時は歩くと景色も見れるしおすすめです。

そしてタクシー。
"イエローキャブ"と呼ばれていますね。
タクシーはどこでもいますし、
流しのタクシーも停められますので便利です。

ニューヨークでの移動手段は上記したように、
メトロ、徒歩、タクシーの3つがオススメです。
それでは詳しく説明していきましょう!

メトロ(地下鉄)

●●●●メトロカードの種類●●●●

ニューヨークの地下鉄の1回乗車券は$2.75(シングルライド)と一律です。
どんなに近くても、どんなに遠くても、
2時間以内の乗車時間ならば一律で$2.75です。

ニューヨークの地下鉄には、
一回乗車券のチケットと、チャージができたり長期で買えるメトロカードと3つの種類があるので、
一番使いやすい切符またはメトロカードを使用して下さいね!

◼️シングルライド(1回乗車券)
白い紙のチケットでできた切符です。
一回の乗車の値段は一律で$2.75です。

◼️ アンリミテッド(乗り放題)
黄色いメトロカードです。
・7日間$33のカード
・30日間$127カード
の2種類あります。
期限内の乗り放題カードとなります。
ちなみにこのカードはバスも乗り放題で使えます。

◼️ レギュラー(ペイ・パーライド)
カードにお金をチャージしておき、乗車するたびに料金が引かれていくシステムです。
引かれる値段はシングルライドの値段と同じで、
一律で$2.75引かれます。
Suicaと同じだと思っていただければ大丈夫です。

●●●●切符の買い方●●●●
はじめて自動券売機でメトロカードを買う際の操作の仕方を説明します。

1、画面右上のStartボタンをタッチします。

2、言語選択画面が出るのでEnglishを選択します。
観光客が良く利用する駅はたまに日本語を選択できる機械もあります。

3、購入する切符、メトロカードを選択します。
左から
・Farst $9 MetroCard
・MetroCard
・SingleRide
と書いてあるので2番目のMetroCardをタッチしましょう。

4、Get New Cardを選択し新しいメトロカードを購入します。

5、Regular Metro Card と Unlimited Cardのどちらかを選びます。

・Regular Metro Card
チャージ形式のメトロカードです。
入金額が決まっている場合にはOther Amountsを選び金額を入力します。
その金額がチャージされます。
そして一回乗車毎に$2.75引かれていきます。

・Unlimited Card
日にちで購入する乗り放題のメトロカードです。
7days $33か、30days $127かを選びます。

6、支払い方法を選びます。
左からCash(現金)、ATM Card(デビットカード)、Credit Card(クレジットカード)から選びます。
Credit Cardを選択した場合、
ZIPコード(郵便番号)を聞かれるので、日本のクレジットカードを使用する場合『99999』を入力すれば良いです。

ちなみに、
4の行程でRefill your card(自分のメトロカードにチャージする)を選んだ場合
・Add Value
(メトロカードに金額をチャージ
・Add Time
(メトロカードに1週間または30日間乗り放題をチャージ)
のどちらかを選んで下さい。

●●●●電車の乗り方●●●●

地下鉄に乗るときに1番迷うのが、
UptownとDowntownという表示です。
ニューヨークのメトロは南北に走る路線が多いことからUptownとDowntownと表示されています。
・北に向かう列車のホームはUptown
(今いる駅よりも数字が大きい駅に行く場合)
・南に向かう電車ホームはDowntown
(今いる駅よりも数字が小きい駅に行く場合)
と覚えておくと良いでしょう。

そして、電光掲示板に書かれている
・LCL → 各駅停車
・ EXP → 急行
と覚えておきましょう。

●●●●おすすめアプリ●●●●

"New York Subway MTA Map"
というアプリをダウンロードしておくととても便利です。

路線図一覧や、乗り換え検索ができます。
そして、ニューヨークでは地下鉄構内はFree-WiFiてす!

●●●●その他●●●●

ニューヨークの地下鉄は時刻表通りに来ることはあまりありません。
しかして、朝と夕方のラッシュアワーの時間帯は5分前後、日中は10分前後、深夜・早朝は20分前後毎に電車が来るので安心して下さい。

地下鉄の駅はマンハッタン、クイーンズ、ブルックリンなどを含めニューヨークに400以上の駅があります。
SubwayとⓂ︎書かれた場所が地下鉄の駅です。
路線は、A、B、C、1、2、3といったアルファベットや数字の名前がつけられており、色分けもされているので非常に分かりやすいので慣れるととっても便利です。

満員電車などは日本と同じ感覚で人を押してグイグイ乗ってしまうと、口論や喧嘩になってしまうので満員電車の場合は次の電車に乗るようにして下さい。
そして、スリにも充分に注意してくださいね。

駅構内では至る所で楽器が演奏されていたり、歌手が歌を歌っています。
クオリティーがとても高くついつい足を止めて聴き入ってしまう事もしばしば。
一緒に歌ったり音楽に合わせて踊ったり沢山の人が駅の中で楽しんでいる姿はとても魅力的なので、
地下鉄に乗る際は楽しんで下さい。
1つの想い出になる事間違い無しです☆

徒歩

ニューヨーカーは非常によく歩きます。
スニーカーを履き、片手にはコーヒーのスタイルでニューヨーカーになりきって歩くのもとても楽しいです。

マンハッタンは道がとても分かりやすく、
・Street/ストリート(横)
・Avenue/アベニュー(縦)
による網の目になっています。

ストリートは南から北へと番号が増えていき、
アベニューは東から西へと番号が増えていきます。

そして数字と数字の間はブロックと呼ばれ、
お店の人に道を聞くと「ストリートを2ブロック先に行くといいよ!」というように教えてくれます。

5番街などはニューヨークのデパートや、高級ブティックが集まる高級街で映画に登場するような場所が沢山あるのでゆっくり歩いてお散歩するのもとても楽しく刺激的です。

タクシー/Uber

ニューヨークで沢山見かける黄色いタクシーはイエローキャブと呼ばれています。

タクシーは空港から市内に来る時など荷物が多い時に使うことをおすすめします。
(ニューヨークの地下鉄はほぼエレベーターやエスカレーターは無いです。)

JFK空港からマンハッタン間は固定の金額になっており、
$52の固定料金+トンネルや橋の利用料金+チップで合計約$75ほどです。

普段、タクシーを使う場合は
初乗りは$2.5で約320メートル(もしくは1分ごと)に50セントが加算されていきます。
タクシーでももちろんチップは必要で、
一回の乗車で15%〜20%必要ですのでお忘れなく!
現金で支払いをする場合は、
20ドル以上の高額紙幣は受け取ってもらえないことも多いので、小額紙幣を用意しておくのがbetter。

タクシーの上にあるランプが点いていたら空車、点いていなかったら乗車中です。

"白タク"と呼ばれるニューヨーク市内を走行しているローカルのタクシーは、違法タクシーである場合もあり高額な料金を請求されるトラブルが多いです。
ですので、市公認のイエローキャブに乗るのが無難です。

●●●●Uber●●●●

Uberは乗車毎に自動に引き落としされていくシステムなので
クレジットカードの登録などが必要です。
日本にいる間にアプリをダウンロードし、
必要条件などを全て入力し登録完了をしておいてください。

1、アプリを開き、乗車位置と目的地を設定します。
その際に見積の料金が表示されます。

2、車のタイプを選びます。
安く相乗りのものなどもあります。
到着時間を確認し車のタイプを選んでください。

3、配車が決定すると、
ドライバーの名前と顔写真とナンバープレート、車種が画面上に現れます。

4、ナンバープレートと車種を確認して車に乗り込みます。
車が見つからない場合でも、アプリ内でメッセージを送ったり電話が出来るので安心です。

5、目的地に到着したら自動引落ですのでその場での支払いは不要で下車するだけです。

Uberの他にもニューヨークではLyftという配車アプリもよく使われます。
Lyftも使い方はUberとほぼ同じです。
チップなどに不慣れで不安な方はタクシーではなく、このような配車アプリを利用する方がいいかもしれませんね!

ニューヨークで移動する際は是非この記事を参考にしてくださいね☆

1
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

コメントするためにはログインが必要です。

ログインはコチラ

新規登録(約30秒)はコチラ

■この記事を書いたタビニスト

WAWA 編集部

7,404 views

プロフィール

関連記事一覧