【中国・西安】 3泊4日 古代中国の歴史堪能の旅

3泊4日 8万円
PRO

どんなTrips?

中国の歴史を感じる西安3泊5日の旅。 おおまかなスケジュールをお伝えします!

10:00

関西国際空港出発

今回は中国東方航空を利用しました。
まず、青島へ向かいます!

青島行きの飛行機はあまり利用されないのか、とっても空いてる!
機内には映画を見る画面がないので、暇つぶしを機内に持っていきましょう!
機内食はでます。焼きそばだったけど結構美味しかったよ!

約3時間のフライトです。

12:00

青島到着

青島で入国審査をして乗り換えです!
しーあーーん!って叫んでるお姉さんがいるので、そのお姉さんのところについていきましょう。笑

13:30

青島出発

青島から西安へ向かいます!
ボーディングの時間より結構早くに最終ボーディングのコールがされるので時間には余裕を持って向かいましょう。

機内食は出ず、スナックとジュースがでました。
スナックは、なんだか変な味。きゅうり?

そして、ドリンクは桃ジュースを頼みましたが、紅茶みたいな見た目。笑
これでこそ、中国です。

15:30

西安到着

西安に到着です。
到着すると、大阪ー!大阪ー!大阪の人はこっちですー!って言ってるひとがいるので、そちらの方へ行かないと荷物がもらえないので注意。

全部中国語で言われるので、中国語がわからない人は周りの人やクルーの人たちをちゃんち見ておいたほうが良いです!

17:00

ハイアットリジェンシー西安到着

ハイアットリジェンシー西安は、とっても広く綺麗で
しかも、物価が安いのか一泊の値段が大体15000円〜20000円です。

西安のハイアットは四つ星ホテルみたいです。
お部屋にはバスタブがついているのがとっても嬉しい!
水周りもとても清潔でした!
窓から見える景色がまるで昔の中国に来たような雰囲気。
外観もこだわりのあるハイアットホテル。
中国に行かれた時はハイアットホテルとってもオススメです。

雲南省の麗江のハイアットも中国の少数民族の建物をモチーフにしていて、とっても素敵でした。
天井も高いし、お部屋もゆっくりできるし素敵なホテルです。

18:30

北京ダック

ハイアットホテルのレストランでお食事です。
ここで食べた北京ダックが今まで食べた中で一番美味しかった!!
(って、バーミヤンでしか北京ダック食べたことないねんけど笑)

目の前でさばいてくれるのを見ながら食べるのもとっても贅沢ですよ。
私は、八角や海外の中華の味!っていうのはとっても苦手なのですが
ハイアットのレストランの中華は全て食べやすい味。

とっても美味しかったです。

西安はラムが有名なのですが、本当に臭くなくて美味しい!
ラムが苦手な方でも是非食べてみてください。

9:00

西安博物院へ

中国で一番広いと言われれている西安博物館へ!
ここで、注意しないといけないのが自撮り棒や三脚は持って入れません。

どこかへ預けないといけないので、使わないと思うけど念の為に持っていこっかな?って思ってる方は持って行かれないことをおすすめします。
中国は長い長い歴史があるので、その歴史についていろんな展示がされていました。
その中でも西安は古い歴史があり中国の方も西安にはよく行かれるそうです。

なので・・・・・
ほんまに人がいっぱい。
平日に行ったのでこれでも人が少ないと言われましたが、それでも人だらけで全然展示物が見えませんでした。
頑張って前に行って陣取って撮った写真。笑
ハムナプトラが好きなので、兵馬俑見たらテンションあがります。
昔の王座を争う映画やドラマ(ゲームオブスローンズや、三国志)が好きな人は、とっても心が踊る博物館だと思います。
私は、ゲームオブスローンズを見ていたのでドラマの世界みたいだ!と思いワクワクしました。

12:30

西安の伝統的なご飯へ

本場の中華料理を食べに来ました!
周りの景色が昔の世界みたい。
とりわけ用のお箸と食べる用のお箸が分かれています。
よる見る中華のくるくるテーブルは本当にどこにでもありますね!
ご飯の味は・・・・
昨晩のハイアットのレストランとはうってかわって、中国の八角やパクチーの味が満載。

一番チキンの丸焼きが美味しかったです。
この小さいグラスはどこのテーブルにも置いてますが、白酒(バイチュウ)というお酒のためのグラス。
本当にアルコールの味しかしないとってもきついお酒です。

私は白酒ひと舐めだけしました。笑

14:00

兵馬俑へ

兵馬俑まで中心から一時間ほどかかります。
時間に余裕を持って向かいましょう。

15:00

兵馬俑到着

兵馬俑へ到着です!
ここでは自撮り棒の検査はされませんでした。
敷地内外にはガイドさんがいーっぱいいます。
何度もなんども声をかけられますが、ほとんどが中国語専門のガイドさん。

私が、日本語で

「中国語わからないんです〜!」

というと、

「あ、あいつ中国語わからんわ」って呟きながら去っていきます。
(中国語わかる友人が通訳してくれました。笑)

ガイドさんには日本語で話しましょう。笑
一番大きな兵馬俑には人がたくさん!
写真を撮るのに一苦労です。
まだ修繕中のところもありました。
まだまだ掘り起こされてないところもあるので、何年後かにまた行くのも楽しみですね。

記念撮影

写真をインスタグラムで撮ってる人たちを見て、人いっぱいやのにどこで撮ったんだろう?と疑問に思ってましたが・・・。
第3の兵馬俑の建物の中にレプリカ写真館がありました。

3人で100元(約1500円)で撮らせてくれます。
お金払うまでは遠くからも写真は撮らせてくれないのですが、お金を払うとめっちゃ優しくなり素敵な写真映えスポットも教えてくれます。笑

ちなみにこの兵馬俑の後ろは絵なの!笑
すごいよね。

17:00

屋台ショッピング

兵馬俑からでると、屋台がたくさん並んでいるのでおやつタイム。
パッションフルーツのジュースがとっても美味しい!

奥にはスターバックスもハーゲンダッツもありました。
ハーゲンダッツ限定グッズがたくさん売っててとっても可愛かった!

19:00

Qujiangchi New Area へ・・・

兵馬俑から帰ってきて火鍋屋さんへ・・・・
Qujiangchi New Areaのレストラン街はイルミネーションがとっても素敵です。
歩いているだけでも夢の中の、想像していた中国にいるみたい。

豪華版、千と千尋の神隠しみたいな雰囲気でした。

小籠翻大江 へ..

その中でもひときわ目立った豪華な建物、ここに美味しい豪華な火鍋があるので向かいます。

火鍋レストラン”小籠翻大江”
参考記事
https://kknews.cc/house/qel6pxo.html

中国にはGoogleがなく、更に西安には日本人観光客、外国人観光客も少ないため映画などの情報が少な目です。

このレストランは検索しても中々出てきませんが、とっても美味しいし豪華な雰囲気で店内も写真映えするのでオススメです!
中国の趣がある火鍋屋さんです。
店内もとっても可愛い!
まわりどこを見てもカラフルでらんま1/2の世界みたい!
火鍋の辛さは

辛い
やや辛い
激辛

の三種類の辛さがあるのですが、1番下の辛いを選びました。


が、めっちゃ辛い。
辛さに慣れてる中国人ならまだ食べられるのかもしれませんが一口でノックアウト。笑

真ん中に辛くないスープがあるので、そこのお鍋ばかり食べました。

お肉はラム肉が1番美味しかった!
お鍋のソースは自分の好みで

•にんにく
•ねぎ
•塩
•パクチー
•ごま油

を混ぜて作ります。


にんにく好きな人にはたまらないくらい、まるで大根おろしのような量のにんにくをごま油で混ぜます。

次の日に帰国する場合は絶対人には会わないようにしましょう。

11:00

イスラム教徒地区へ・・!

朝はゆっくりホテルで過ごし、イスラム教徒地区へ・・!
たくさんの屋台がでてて、西安で一番テンション上がって楽しんだんじゃないかと思います。笑
(花より団子w)

日本では食べられないような屋台が立ち並んでいます!
中国の屋台って怖いイメージがあるけど、ここの屋台は不潔感はあんまりなくてどこで買っても問題なさそうでした!
中国はフルーツをたくさん食べる習慣があるみたい!(中国にフルーツのイメージがなかったのでびっくりしました!)
なので、フルーツ屋さんがたくさんありました。
ピンクのドラゴンフルーツは珍しいみたいで、インスタ映えするのですぐに購入!
中国で飲んだジュースでのヒットがこのザクロジュース!
目の前で特別な機械でざくろをしぼってくれる、100%ジュースなの。
こんなの日本で飲んだことがない!っていう味だけど、本当に美味しかった!
是非是非オススメです。
羊肉もたくさん売ってました。
スパイスが結構効いてる、でも結構美味しい!

本当に日本で食べる羊とくらべて全然臭くないし美味しい!
小分けにしてくれるお店もあるし、目の前で焼いてくれて野生児っぽい串焼きにしてくれるお店もあります。
どっちも美味しかったけど、アツアツのご飯が好きな方は小分けにしてくれる方をおすすめします!
マンゴーもとっても美味しい!
ここのドライマンゴーをお土産に・・・!

でも、美味しくて飛行機で全部食べてしまいました。笑
西安で有名な太い麺のビャンビャン麺屋さんもたくさんありました!
私は八角が苦手なので食べませんでしたが、太い麺がもちもちで美味しそうでした。
漢民族時代の衣装も売っています。
チマチョゴリみたい。

中国では今、昔の衣装や服を着て街を歩くのが流行っているみたいなので、衣装を着て歩いている人(ほぼほぼカップル)をちらほら見かけます。
写真撮るのにも映えるし良いですよね。

14:00

大雁塔

大雁塔へ向かいます。
中国西安の歴史好きの方は必ず訪れたいとっても古い党です。

お金の神様がいたので、お金の神様に挨拶をしてきました。笑

大雁塔敷地内は緑がたくさんありました。
大雁塔の中にも入れます。
中に入ると50階くらいを階段で登らないといけないそうです。

民族衣装を着ていたので、今回は断念しましたが階段を登りたい人はカジュアルな格好で動きやすい靴でくることをおすすめします!

17:00

HEY TEA

ホテルに戻り、ブレイクタイムにハイアットホテルの前にあるモールへ。
そこでとっても美味しいソフトクリームを発見!!
HEYTEAのソフトクリームがめっちゃ美味しいんです!
お茶のイメージがあるかもしれませんが、ソフトクリームがめっちゃ美味しかった!

ミニであれば一つ100円もしなかったので食後のデザートにめっちゃオススメ!
私は、ミニを頼んだのに店員さんが間違えてつくられたので大きいのと小さいの二個食い。笑

20:00

陽光麗都劇場にて唐歌舞ショー

夜は中国の歴史のショーを見ます。

兵馬俑の近くにあり、本当は兵馬俑の後に見るのが一番良いプラン。
ツアーなど予約すると兵馬俑とのセットで販売されていることが多いです。

私は、兵馬俑に行った日はチケットが取れず別日に来ました。
古代中国のショーで屋外で催されます。
本物の山が背景にあり、とっても壮大なショーでした。

楊貴妃と王子様の愛の物語。
中国語がわかる人でも古代の中国語で説明アナウンスが入ったりするので、難しいみたい。

中国語がわかる方でも、ショーの意味を詳しく知りたい人は、楊貴妃の古代の歴史をちゃんと読んでから見ると楽しさ倍増だと思います。

13:00

帰国便へ

西安の空港に向かい帰国です。
まず、上海に向かいます。

またまたカウンターがちょっと難しかったのでカウンターに並ぶ前に自分の乗る便のEチケットを中国東方航空の人を探して見せる方が良いです。
時間に余裕を持って空港に来てたので問題ありませんでしたが、中国語喋れる友人が2人いたにも関わらず少し迷いました
(周りにいる現地の方でさえ迷ってる光景をたくさん見ました。)

カウンターが少し複雑です。
西安の空港ターミナル3には一階にスタバがあるので、マグカップを購入。
最近出た新しいキラキラのマグカップとっても可愛かったです。
中国のスタバはアメリカの関税の関係でちょっとお値段は高め。
日本で見ない可愛いケーキもいくつかありました!

16:30

上海空港到着

西安ー上海便では機内食がパンしかでなかったのでお腹がとっても空いているということで、上海の空港でお弁当を購入。
上海料理はとっても美味しい!!!

時間がない時はカードを使うのをお勧めします。
中国では偽札がよく出回ってるみたいで、並んでる人の1人が偽札じゃないかどうかずっとチェックされていました。
(その光景が日常にあることが驚きでずっと見つめてしまった。)

語学に自信のない方や時間のない方はカードがおすすめです。

17:00

日本へ・・

パンとジュースがでました。
今回の旅で一番豪華だった機内食は関西ー青島の焼きそばでしたね。

21:00

帰国

日本へ帰国です。

行きも帰りも1日がかりの西安旅。
3泊4日でも実質2日の観光でした。

西安をもっとじっくり回りたい方は3泊以上がおすすめです。
▼下のボタンから他の日の記事へ飛べます▼
    10
    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    コメントするためには、 ログイン してください。

    コメントするためにはログインが必要です。

    ログインはコチラ

    新規登録(約30秒)はコチラ

    ■このTripsを書いたタビニスト

    222_mana

    2,270 views

    プロタビニスト

    国内外旅行が大好き
    大学はスペイン語専攻 スペイン留学経験スペイン留学をきっかけに世界にハマる。
    フィリピンのマニラで英語留学をして簡単な会話なら3ヶ国語話せる語学オタク。


    世界26カ国41都市を周りインスタグラムで旅行について発信中。

    海外ドラマが大好きで
    海外ドラマの撮影地巡りをするのが夢。

    スタバラテをこよなく愛し
    全国世界のスタバを巡り、マグカップを集めている。
    世界で一番好きなスタバはメキシコのグアナファトの黄色いスタバ。

    プロフィール

    関連記事一覧