東京の離島!大島&八丈島アイランドホッピング

1泊2日 8万円程度(移動費,ホテル,食費)
PRO

どんなTrips?

東京都にある離島、伊豆諸島の大島と八丈島へ。伊豆諸島へは東京からフェリーが出ていますが、今回は空路で移動しました。旅のメインはヘリコプターです!

10:30

調布飛行場

まずは、新中央航空を利用して調布飛行場から大島へ向かいます。
登場する飛行機は、「Dornier 228-212 NG」という定員19名程度の小さいプロペラ機!そのため左右のバランスが大切。搭乗手続きの際に体重を記入し、体重順で座席が振り分けられました。

新中央航空( https://www.central-air.co.jp/index.html )
調布 - 大島(25分) 12,000 円
インターネット予約は1ヶ月前の10:00から。

11:00

大島に到着

大島に到着しました。乗り換え時間が3時間程度あるので観光と昼食を済ませます。

11:30

三原山ハイキング

伊豆大島は島全体が活火山で、その中央に位置するのが三原山。昭和天皇が大島を訪れた際に道路の整備を行ったそうで、火口を周遊する遊歩道があり観光に人気のスポットです。
大島から富士山までは88km程度しか離れていないので、晴れて空気の澄んでいたこの日は三原山から富士山を拝むことができました。

13:30

海鮮茶屋寿し光で昼食

三原山ハイキングを終えて、お昼ご飯の調達に向かいました。次のフライトまであまり時間がなかったので、大島の元町にあるお寿司屋さんでテイクアウト。伊豆大島の地魚の握りと島寿司のセットです。

【場所】食事処 海鮮茶屋 寿し光
【住所】東京都大島町元町1-4-7
【時間】ランチ11:00〜14:00、ディナー17:00〜22:00
【料金】しまにぎり8貫1700円
【URL】http://oshima-bussan.co.jp/sushikou/

14:50

ヘリコプターに乗車!

今回のメインイベント、ヘリコプターです!
大島からさらに南の伊豆諸島の島々へはヘリコプターの定期便が飛んでいます。日本で唯一のヘリコプターの定期便だそう。

大島から三宅島と御蔵島を経由して最終目的地の八丈島を目指します。

東邦航空(http://www.tohoair.co.jp/shuttle/index.html)
東京愛らんどシャトル 大島-八丈島24,460円
予約は搭乗の1ヶ月前から前日まで。座席数が9席とかなり限られているため、特に複数区間乗車予定の場合には早めの予約が必要。

16:00

八丈島に到着

八丈島に到着しました。12月下旬でも20度程度ありとても暖かかったです。

16:30

八丈島ジャージーカフェ

ここでは八丈島ジャージー牛乳で作ったアイスクリームとリコッタチーズベーグルをいただきました。どちらも、甘みがあり濃厚でとても美味しい!八丈島ジャージー牛乳にすっかりハマってしまいました。

【場所】八丈島ジャージーカフェ
【住所】東京都八丈島八丈町大賀郷2370-1
【時間】10:00~17:00
【料金】ジャージーソフトクリーム400円、ベーグルサンド350円
【URL】https://ameblo.jp/milk8jo/

17:30

八丈島郷土料理 梁山泊で夕食

夜は八丈島の郷土料理がいただける居酒屋さんへ。

ここでは八丈島名物のジャージーチーズ、明日葉、くさや、また小笠原諸島のウミガメもいただくことができました。明日葉のビールはヨモギと柑橘類の風味のする爽やかなビール。くさやは名前の通りくさい!でも、くさやチーズは独特のチーズと言われればそのような味で、なんとか食べきることができました。ウミガメの煮込みはモツ煮のような見た目でしたが、モツの匂いはなく、部位によって鶏肉や貝のようでした。

【場所】八丈島郷土料理 梁山泊
【住所】東京都八丈島八丈町三根1672
【時間】営業時間17:30~23:00 日曜定休
【URL】http://www.rzp.jp

20:00

ホテルにチェックイン

「リードパークリゾート八丈島」に宿泊しました。八丈島は民宿が多いですがここは大きなホテルで大浴場や売店もあります。大浴場の露天風呂にゆっくり使った後に飲む八丈島ジャージー牛乳は最高!
ホテルの屋上からは綺麗な星空を眺めることができます。時間によってはスタッフの方の解説付き星空鑑賞会を行なっているそう。

【場所】リードパークリゾート八丈島
【住所】東京都八丈島八丈町三根5392番地
【URL】http://www.lidohotels.jp/park/

10:30

ふれあい牧場

2日目は牧場からスタート。ここでは美味しい八丈島ジャージー牛乳を作ってくれている牛たちに出会えます。

牧場ではアイスクリームなど乳製品の販売は行なっていませんが、夏季にのみ1日目に行った「八丈島ジャージーカフェ」のフードトラックが上がってくるそう。

【場所】ふれあい牧場
【住所】東京都八丈島八丈町大賀郷 5627番地1
【時間】9:30~16:00
【料金】無料

11:00

八丈富士登山

冬で海に入れないので2日目もハイキングが観光のメイン。

西山は標高854mと伊豆諸島で最高峰の山で八丈富士とも呼ばれています。登山口から上までは急な道のりを約50分。火山の火口をぐるっと一周することができます。

13:30

昼食にべっこう寿司

お昼は、島で一番人気のお寿司屋さんへ。べっこう寿司をいただきます。べっこう寿司は八丈島の郷土料理で寿司ネタを青唐辛子を溶いた醤油タレに漬け、砂糖が多めの酢飯で握ったお寿司です。作り手によってタレの味が異なるそうで、タレにお店の個性が出ているそう。

地魚のべっこう寿司と八丈島の特産品であるのりの佃煮のお寿司がセットになった島寿司をいただきました。

【場所】すし処銀八
【住所】東京都八丈島八丈町大賀郷2521
【時間】11:30~14:00(13:30 L.O) 17:00~21:00(20:30 L.O)、木曜定休
【料金】島寿司9貫1880円

14:30

南部の足湯へ

昼食後は島の南側へ向かいます。八丈島は温泉がとても有名で日帰りで利用できる温泉もいくつかあります。その中でも最も気軽に利用できる足湯へ行きました。

【場所】足湯きらめき
【住所】東京都八丈町中之郷
【時間】11:00~21:00
【料金】無料
【URL】http://www.town.hachijo.tokyo.jp/onsen/kirameki.html

16:00

可愛い小動物キョンと触れ合う

足湯の後、島をぐるっと回り空港周辺へ帰ってきました。「八丈ビジターセンター」の回りには自然公園が広がっています。この公園の中では「キョン」という犬や子鹿のような見た目の小動物が飼育されています。ここのキョンはとってもフレンドリーで観光客に興味津々でとっても可愛い!

ビジターセンター内にはジェラート屋さんがあり、そこで最後にジェラートを食べて帰りたかったのですが、お店は16時までだそうで食べられるず。ビジターセンターの営業時間とは異なるので注意してください。

【場所】八丈ビジターセンター
【住所】東京都八丈島八丈町大賀郷2843
【時間】9:00~16:45
【料金】無料
【URL】http://www.hachijo-vc.com

17:00

空港で最後のジャージー

空港に戻ってきました。ジェラートが食べられなかったので空港で最後にジャージーアイスクリームを食べました。八丈島空港は小さいですが、お土産屋やレストランがあるので最後まで八丈島を満喫できます。

18:00

羽田空港へ

行きは大島や他の離島を経由してきましたが、帰りは直行便で羽田空港まで帰ります。実は、ANAが1日に3便も飛んでいてアクセスが良いのも八丈島の魅力!
▼下のボタンから他の日の記事へ飛べます▼
    3
    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    コメントするためには、 ログイン してください。

    コメントするためにはログインが必要です。

    ログインはコチラ

    新規登録(約30秒)はコチラ

    ■このTripsを書いたタビニスト

    __matrip

    1,146 views

    プロタビニスト

    バイト代は全部旅行に消えてしまうほど旅行が生きがいな大学院生。
    特に、海と美味しい食べ物を求めて旅行してます♡


    ■ MAKO
    ■ コスパ至上主義トラベラー
    ■ 初心者ダイバー

    2019年9月現在44カ国を訪問。

    お金はないけど旅行がしたい!そんなことを考えながら旅行するうちにコスパ旅行が趣味になりました。
    最近は、ホテルの上級フロアステイやクルーズ旅など
    非現実的な優雅旅行をどれだけコスパ良く行くか奮闘してます!

    プロフィール

    関連記事一覧