ゴールドコースト&バイロンベイで過ごす年末年始のゆったり旅

4泊6日 約50万円 (飛行機とホテルとレンタカー代)
PRO

どんなTrips?

年末年始は暑いオーストラリアでのんびり過ごしたい! そんな私は2019年-2020年は、 ゴールドコーストとバイロンベイで過ごしました☺︎

AM7:00

ゴールドコーストに到着

飛行機は前日の夜発の飛行機で日本を出て、
朝起きたら着いてる便を利用しました。

ぐっすり寝るためにビジネスクラスで。

私の愛用のスーツケースはペタペタと大量にフライトシールが貼られた緑色のRIMOWAです。

AM9:00

とりあえず朝ごはん!

ホテルに荷物だけ預けて
大好きなアサイーボウルを食べに。

ボリューム満点!
量がめちゃくちゃ多かったからお腹いっぱい。

AM11:00

コアラに会いに。

コアラに会いに、
カランビン ワイルドライフ サンクチュアリーへ。

コアラとの記念撮影はずらーっと長蛇の列。
40分くらい並びました。

コアラの毛は意外と硬くて、
ぎゅっと身体を掴まれた瞬間
心がふあっと癒されます。

優しくて繊細なコアラでした。

スタッフの方が写真を撮ってくれて、
後で写真とデータダウンロードができます♪

私の写真微妙すぎるけど、いい思い出になりました。

コアラの他にも

広い敷地内にはもちろんカンガルーもいます。
しかも、大量に。

柵もなくて、ナデナデとできます。
穏やかなカンガルーさんたち。
親カンガルーの袋の中から、
子カンガルーの足だけがにょろっと出てるのを見つけた時には
ものすごくびっくりしてしまいました 笑

施設の中には
野生動物を治療する病院もあり見学できたり、何時間でも楽しめる場所でした♪

◼︎Currumbin Wildlife Sanctuary
https://currumbinsanctuary.com.au

PM3:00

Palazzo Versace Hotelにチェックイン

一目惚れして決めたこのホテル。

いい意味での威圧感のある建物の中に入ると、美しすぎるエントランスが、、!
どーんと、ベルサーチのマーク。

お部屋は

家具やカーテンやベッドリネンに至るまで、全部がヴェルサーチの模様になっていてさすがヴェルサーチホテル。

広々としたバスタブはゆっくり寛げます。

私の泊まった部屋からは
ハーバーが一望できました♪

素敵なホテルに泊まるのって、
旅の醍醐味ですよね!

Palazzo Versace
https://www.palazzoversace.com.au/default-ja.html

PM6:00

サーファーズ パラダイス

人で賑わうサーファーズパラダイス。

ビーチ沿いにはずらっとマーケットが!
マーケットではハンドメイドのリングをゲットしました。

オーストラリア発のファストファッションブランド"COTTON ON"は安いので
Tシャツやサングラスを大量買いにおすすめ。

PM8:00

ディナー

夜ご飯はイタリアン。

窯で焼かれるピッツァが絶品でした♡

AM8:30

優雅にモーニング

ビュッフェ形式のモーニング。

美味しすぎた
の、一言に尽きます。

AM11:00

海遊び開始

ホテルからすぐのところにあるメインビーチへ。

日焼けするのが大好きな私にとってビーチでゴロゴロするのは天国!

本を読んだりゲームをしたり音楽を聴いたり...
そして、ただひたすらに永遠と
ボディーボードで波に乗って遊びます。

一回深いとこで大きな波に乗りすぎて飲まれて心折れたけど 笑
何時間でも遊べて大好きです。

PM3:00

プールへ

ひたすらに海遊びをした後はホテルのプールへ。

飲み物を飲みながらのんびりしたり
プールでちゃぷちゃぷと。

リゾートの醍醐味!と言わんばかりの
リラックスできてゆったりした過ごし方をしました。

PM7:00

ディナー

部屋でゴロゴロした後は、ディナーへ。

MooMooを予約していたので
アンガスビーフを食べにきました。

赤身のテンダーロイン、ミディアムレアが絶品でした。

テラス席を選んだので
リラックスして風を感じながら食事を楽しめました♡

◼︎MooMoo
https://www.moomoorestaurant.com

AM10:00

バイロンベイへ

ホテルからゴールドコースト空港までUberで行き、
空港でレンタカーを借りました。
なぜならホテルとバイロンベイの間が空港だから!

約1時間半でバイロンベイに到着します。

PM12:00

SPELL

まずは早速有名なSPELLへ。
いま人気ですよね!
(大晦日も元旦も通常通り営業中です。)

ボヘミアンな洋服屋さん。

私は欲しいものが無くてお買い物出来ず、残念!

ただインテリアがめちゃくちゃ可愛かったです。

PM12:45

ランチは

Betty's Burgersでハンバーガーを。

肉肉しいパテに新鮮な野菜がとても美味しい!
ビーガン用のハンバーガーもありました。

そしてピンクで統一されていて可愛かった☺︎

Betty's Burgers
https://www.bettysburgers.com.au

PM13:30

お買い物

バイロンベイの小さな町をぶらぶらして
見つけたお気に入りのお店たちをご紹介!

写真1枚目
MARR-KETTでかった指輪達。
このお店はアクセサリーや雑貨やカーペットなどを売ってるお店。
とにかく指輪が可愛いのありすぎて...

写真2枚目
Afends.
着心地の良い麻で作られたお洋服が売られている。
シンプルでリーズナブルなので沢山げっとしました。

写真3枚目
ASSEMBLY LABEL
このお店もシンプルなんだけれど、
全部欲しい勢いで可愛かった!

写真4.5枚目
ROWIE
ディスプレイされていたサンダルに一目惚れして入ったお店。
大人な雰囲気でお洒落!
もちろんサンダルは購入しました。

(ここで紹介した4つのお店は大晦日は営業していますが、元旦はお休みでした!)

バイロンベイのお洋服やさんって
だいたい16時から17時にcloseするから
買い物は早めにすることをおすすめします☺︎

PM17:00

海でのんびりしたり...

暑いのに木陰は気持ちよくて...
気候が最高すぎる。

リラックスとはこうゆうことか!
と考えながらゆったりと。

PM18:30

LOVEで記念撮影

思ってたよりしょぼくて...
ちょっと笑っちゃったのはここだけの話 笑

PM19:00

エアビーの宿にチェックイン

半年前にホテルを取ろうとしたらすでに
ステキなホテルは年末年始は満室!
そこでエアビーを利用しました☺︎

バイロンベイの中心部から徒歩10分。
二階が全部貸切でお部屋も広く、
シャワールームもトイレもベランダも共有では無いのでとても自由に滞在出来ました!
1泊で2万円でした。
日本人たるもの年越しそばは絶対!
と思い、持参したどんべいを 笑

カウントダウンに向けて1時間ほどお昼寝。

PM21:00

待ちに待ったカウントダウンへ!

21時なのでまだ早いかな?と思ったのですが、
街はすでに音楽で溢れかえっていました!

いろんなジャンルの音楽をいたるところで
みんなが楽しんでいます。

踊ったり笑ったり。
もう、味わった事ないくらい楽しすぎる空間。

しかもお酒は店の中でしか飲めないよう徹底されているので治安が良い!
みんな水飲んでました 笑
そして子供達が爆音の音楽でダンスをしていて本当にピースフルな空間!
カウントダウンの瞬間はビーチで!

0時になった瞬間、
ビーチから花火が打ち上がりました!!

暖かいし、楽しいし、自由だし、、
毎年バイロンベイで年を越したい!
とすら願ってしまった瞬間でした。

本当にバイロンベイの年越しは最高でした!

AM9:30

モーニングは人気店で

大人気店FOLKでモーニング。

店の中もかわいいし
リラックスできる空間だし
味も最高!
人生で食べてきた中で一番美味しいアサイーボウルでした。

FOLK
http://folkbyronbay.com

AM11:00

The Farm

ジェラートを食べにThe Farmへ。

ただただ広い農場をゆっくりお散歩して、
癒されました。

こうゆう時間って日本にいたら持てないのが悲しい。。

PM13:00

ハイキング

Cape Byronをハイキング。

海が青くて澄んでいる。
美しい。

PM15:30

FINN POKEへ

FINN POKEをテイクアウトして
ビーチ沿いで食べました。

ここのマグロ新鮮で、
ご飯ではなくサラダにしたので
ポキサラダ。

美味しすぎて一瞬で完食!
毎日これでいいレベルで美味しかった。

FINN POKE
http://finnpoke.com.au
食欲が止まらなくなり食べ歩き開始!

自分でカスタマイズして量り売りてお会計のFrozen Yoghurt + fruit のフローズンヨーグルトも、

Byron juice barのスイカジュースも
非常に美味でした。

PM17:00

食べ歩きを終え

何もやる事がない贅沢を感じながら、
海辺に寝そべりひたすらぼーっとしていました。

バイロンベイから離れたくなさすぎて
涙さえ出てきました 笑

19:00くらいにバイロンベイを後にし、
空港近くの宿へ。
ピザハットをテイクアウトし最終日の夜をピザで締めくくりました。

AM10:30

帰国します

今回は初めてのエアアジアでビジネスクラスを利用してみました!

LCCでフルフラットで寝れる事に感動です!
しかも値段もかなり安いよね。
配られるiPadに映画がいくつか入っているけど日本語字幕は無かったよ。
普通のエアラインのビジネスクラスみたいなコース料理だったり、アメニティーやウェルカムドリンクや豊富な映画やwifiサービス...は無いけど、
5.6時間くらいのフライトで機内食は食べずに
(機内食は...ノーコメント 笑)
ぐっすり寝るだけならとっても良い!
機内が寒かったからあったかいお布団はありがたい。

みなさん

年末年始を温かいゴールドコーストとバイロンベイで過ごす時間は最高でした。

是非みなさんも、
年末年始をオーストラリアで過ごしてみてください!
▼下のボタンから他の日の記事へ飛べます▼
    0
    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    コメントするためには、 ログイン してください。

    コメントするためにはログインが必要です。

    ログインはコチラ

    新規登録(約30秒)はコチラ

    ■このTripsを書いたタビニスト

    松林 裕香

    2,323 views

    プロタビニスト

    ✔︎ WAWA travel.プロデューサー/ピアニスト

    「世界が好き」
    読んでくれた人が、"また、旅したくなる。"
    そんな風に思ってくれるような旅メディアを目指します!
    象使いの免許、持ってます。


    ◾︎学歴
    ・神戸大学発達科学部附属明石幼・小・中学校
    ・東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校
    ・東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻
    卒業。

    ◾︎音楽大学短期留学
    ・ポーランド ワルシャワ音楽院
    ・オーストリア ザルツブルグ音楽院
    ・ニューヨーク マネス音楽院

    ◾︎コンクール/オーディション/音楽歴
    1995年 第6回兵庫県学生ピアノコンクール金賞
    1996年 第7回兵庫県学生ピアノコンクール金賞
    1997年 第8回兵庫県学生ピアノコンクール金賞及び優秀賞
    2001年 第7回宮日音楽コンクールピアノ部門
    最優秀賞及び中学生部門1位
    2002年 第4回ショパン国際ピアノコンクールinASIA入賞
    2005年 ザルツブルグ国際音楽アカデミー ドミトリー・バシキロフオーディション合格
    2008年 マネス音楽院ニューヨーク国際ピアノ音楽祭にて公開レッスン代表生に選ばれる

    これまでに、上野真氏、伊藤恵氏、ガブリエル・タッキーノ氏に師事。
    その間、レギナ・スメンジャンカ氏、ドミトリー・バシキロフ氏、ステファン・モラー氏、エドワード・ジルバーカント氏に指導を受ける。

    2013年
    松林裕香 1st Chopin Album 発売

    2013年〜2015年9月
    ピアノロックバンド LAID BACK OCEAN
    ピアノ担当

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    2017年6月〜
    毎月海外旅行に行くようになる。
    2019年9月までで海外旅行に行った回数は33回(25カ国)。

    現在
    ピアニストとして活動する傍ら、
    アーティストを中心に後進の指導にあたる。
    また、会社経営に目覚める。

    ◾︎ 株式会社WAWA/代表取締役社長
    ◾︎ ナンバーワントラベル株式会社/執行役員 最高企画責任者

    プロフィール

    関連記事一覧