絶景ビーチ&世界一幸せな動物クオッカに会いに行こう♫ロットネスト島1day TRIP♡

日帰り
PRO

どんなTrips?

パースから船で日帰りで行ける【ロットネスト島】 ロットネスト島では世界一幸せな動物と言われているクオッカに会えました♫ロットネスト島はビーチの透明度も高くとても綺麗なのでオススメのビーチもご紹介します!

ロットネスト島の行き方 (予約、価格)

フェリーの予約は
ロットネストエキスプレスの
サイトから予約しました。

【barrack st⇆rottonest】
1人
110.55AUD
(8.165円)2020.2.4時点

※私はエリザベスキーの港
【barrack st】から乗りました。

フリーマントル発ですと
もう少し安いです。


自転車レンタルも同時に予約できますが、私達は当日、降りてから
ボートのスタッフの方に
$30渡して自転車レンタルしました。

予約はこちらからできます。↓
ロットネストエキスプレス

https://rottnestexpress.com.au/jp/

AM8:45

私達の宿泊していたホテルは
エリザベスキーに近かったので、

8:15に
パンパシフィックというホテルに行き
バスでピックアップしてもらいました。 
(予約時にピックアップの場所と時間を指定してくださいます)


8:45
エリザベスキーの
港barrack st発の
ボートで出発しました。
途中、経由するフリーマントルに行くまでに
コーヒーor紅茶の無料サービスが
あったり、
ボートも座席が広くて快適でした。

レインボーコンテナも
船から見えました^_^

10:35にロットネスト島に到着。

AM10:50

①【Bathurst Lighthouse】

自転車で早速出発し、
道を間違えて
行く予定ではなかった灯台
【Bathurst Lighthouse】
にたどり着いたので
せっかくなので降りてみました。

灯台からは、
隣のピンキービーチも見れて絶景でした。

AM11:10

②【the basin】

行きたかった一つ目のビーチ
【the basin】(ザベイスン)

透明度が高くて
とても綺麗でした! 
ここではシュノーケルを
しました(持参)

AM11:35

secret spot

the basinの崖の向こう側に
行ける道があり、
歩いて行ってみました!
ミルフィーユみたいな層の
崖を発見!
ここの雰囲気もかっこよくて
タイプでした。
ここからは
隣の
【longreach bay】
も見えて綺麗でした!

AM12:20

cycling

自転車で、
次のビーチめがけて出発!
周りの景色も
思っていた以上に野性的で楽しめます。

PM12:30

③クオッカ発見!

しばらく行くと、、
第一クオッカ発見!!!

クオッカはピカチューのモデルになった、
世界一幸せな動物と言われています。

その名の通り、近寄ってきて
ニコッとしてくれました^_^

野生のクオッカとこんなに近い距離で一緒に
写真が撮れます^_^

PM12:47

④【henrietta rocks】

次のお目当てのビーチに向かっている途中、
とても綺麗なビーチを発見!!
【henrietta rocks】(ヘンリエッタロックス)
という、
調べた時にも出てこなかった
ノーマークだったビーチですが
あまりの綺麗さに駆け下りました。笑
個人的には
見つけた瞬間、
一番ワクワク感動した
ビーチでした!

シュノーケルでは
浅瀬でも
大きな魚が見れました^_^




PM13:25

⑤【PARKER POINT】

ここまでの道のりも
とても長く、

ようやく
【PARKER POINT】へ。

またもや
野生的な景色を見ながら
自転車こぎこぎ。笑笑

思っていたより
自転車だいぶキツイ!笑笑

目的地まであと少し!



PM13:35

⑥【little salmon bay】

ついに!

めがけてきたビーチ、
【little salmon bay】
(リトルサーモンベイ)に到着!

港からとても遠かったですが、
頑張って自転車をこいできた甲斐あって、
グラデーションがとても綺麗な
ビーチを拝めれました。
このビーチも透明度が高く、
真上から魚が泳いでいるのが
見えました。

PM14:50

⑦【simmo's】

港の近くの飲食が集まっている
メインの場所へ戻ってきました。


当初は
ランチはパスタを食べよう♪と言ってましたが、
いざ長距離自転車をこいで戻ってきた
ときには、
「いま、喉を通らないね。笑」
となり、
【simmo's】
でアイスクリームを食べました。笑
€5.5
レストランやカフェ、
スーパーなども
この辺りに集結しているので
休憩するならこの辺りで^_^

PM17:00

帰りのフェリー

帰りは17:00発の船に乗りました。

途中、フリーマントルも経由し、
ほとんどの方がここで降りられますが、
シンガーの方が乗ってきて
ギターを弾きながら歌ってください
ました♫
フリーマントルすぎてからは
テイスティングタイムがあって、
好きなスパークリングや
ビールを試せました^_^

barrack st(エリザベスキーの港)で降りるかたは、
フリーマントルよりお値段は少し
あがりますが、
リバークルーズも楽しめて
様々なサービスもあるので
一石二鳥です!
フェリーから
サンセットもみれました!

18:40にエリザベスキーの港に到着。

日帰りでも充分満喫できました!


地図を載せておきますので、
ルートなど参考になれば
幸いです♫
(自転車で巡った順番に
番号をつけています)







-編集部追記-

■ロットネスト島について
西オーストラリアのフリーマントルから西に18km離れたところにある、19㎢(東京ドーム4個分ほど)の小さな島。サイクリングで島をめぐることも十分に可能です。地元のヌンガル族にはワジェップ(Wadjemup)と呼ばれ、一般にはロット(Rotto)の略称で知られています。その可愛らしさで人気の「クオッカ」は、このロットネスト島で保護されながら生息しています。
公式サイト: https://www.rottnestisland.com/

■クオッカについて
双前歯目カンガルー科クアッカワラビー属に分類される有袋類で、正式名称はクアッカワラビーですが、一般的にはクオッカと呼ばれています。体長は50cmほど、体重3kg前後と小さく、全身は灰褐色の体毛で覆われています。草、低木の芽、葉などを食べて生活しています。繁殖様式は胎生で、ロットネスト島のクオッカは秋季に繁殖します。妊娠期間は27日、1回に1匹を産みます。幼獣は、生後約190日は母親の育児嚢の中で生活します。以前は西オーストラリア州南西部広域に分布していましたが、多くの分布域では絶滅してしまいました。絶滅危惧種に指定されていますがロットネスト島では生息数が多く、観光客に愛されています。
▼下のボタンから他の日の記事へ飛べます▼
    2
    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    コメントするためには、 ログイン してください。

    コメントするためにはログインが必要です。

    ログインはコチラ

    新規登録(約30秒)はコチラ

    ■このTripsを書いたタビニスト

    misa.style

    7,055 views

    プロタビニスト

    海や自然が綺麗な場所、離島が好きです。

    世界の建築を見たり、
    大聖堂に行くのも好きです。

    ガイドブックに載っていないような
    場所を見つけて行くのも好きです。

    プロフィール

    関連記事一覧