【バリ島】2泊で楽しめる!おすすめ観光スポットをたっぷりご紹介♩

2泊4日 6万円
PRO

どんなTrips?

インドネシア・バリ島は誰もが知る有名な南国リゾート。安い旅行費で海外旅行の雰囲気を思う存分楽しめます。 今回は、2泊でも十分にバリ島を楽しめる、インスタで有名な今行きたいフォトスポットやカフェをPart1とPart2に分けてご紹介します♩ ※こちらは1日目と2日目の内容です。 Season:6/2〜6/5

17:00

デンパサール空港に到着

関西国際空港からインドネシア・バリ島の国際空港「デンパサール空港」に到着。

香港航空を利用し、香港で乗り換え。
フライトは合計でおよそ8時間。

空港から市内への移動は、空港内にあるタクシー会社からタクシーを手配しました。
クタまではおよそ150,000〜200,000ルピア(約1,600円)ほど。

空港内には色んなタクシー会社があるので料金を比べてみるのがオススメです。

空港からクタ市内への道路はとっっっっっても混んでいるので、余裕のあるスケジュールが◎
20分ほどの道も1時間以上はかかりました…!

★タクシーの利用について★
街のタクシーだとメーターをごまかされることがあるのでメーターをしっかり確認しましょう!
または"Grab"というアプリを使ってタクシーを利用すると、事前に目的地までの料金が分かるので安心ですよ。
アプリには前もってクレジットカードを登録しておくと支払いも楽です♩

18:00

ローカルのレストランで夜ご飯

友だちとは現地で集合。
クタ市内にあるローカルレストラン「Made's Warung」で夜ご飯を食べました。

お店の雰囲気も南国らしい開放的な空間で、お料理の種類もとても豊富!
ナシゴレンスペシャルは65,000ルピア(約520円)とお手頃価格なのに
お味もとても美味しかったので、どこで食べるか迷われた方はとりあえずここへ!

(写真はカレーです。ごめんなさい…笑)

▼Made's Warung
https://www.madeswarung.com/

22:00

airbnbで予約したVillaに宿泊

友達が前もってチェックインしてくれていた"Artemis Villa&Hotel"へ。
こちらはairbnbから予約しました。

ベット2台の4人用のお部屋。

深夜便だったの3泊分予約し、友達3人で宿泊して1人1万円ほどです。
1泊約3500円でこんなに素敵なお部屋に泊まれるなんて、最高すぎました…!
ベッドの天蓋が可愛い…♡

★シャワーについて★
バリにあるVillaタイプの宿は、ほとんどがお部屋の外にシャワーが設置されているタイプでした。
虫が苦手だったり治安が悪い場所だとちょっと不安だと思うので、
気になる方は、予約する前にHPの写真をしっかり確認するか、
ホテルやオーナーに確認してみても良いかもしれませんね。

9:00

カーチャーターでバリ島を自由に観光

普段はツアーなどは利用せずに現地の交通手段を使うんですが、
バリではガイド付きの車を予約しました。
それが本当に楽で安くて良かったんです!

よくあるツアーだと行き先が固定だったり滞在時間が決まっていたりと自由度が低いのですが、
今回利用した「Balitabi」は、時間内であれば行きたいところに連れて行ってくれます♩

しかも料金も1人1日2000円ほどでとってもお安い!
※大人数用のハイエースを7人で利用した場合

日本語を話せる現地の方がガイドをしてくれるので、
行く順番や場所に迷われたら相談してみても良いかもしれませんね!

今回は行きたい場所を伝えて連れて行ってもらいましたが、
やりたいことを伝えたらオススメの場所とか教えてくれそうだな〜とも思いました。

▼Balitabi
https://www.instagram.com/balitabi/?hl=ja
(予約はLINEから出来ます)

11:00

お猿さんの楽園 モンキーフォレスト

ウブドで有名な観光地「モンキーフォレスト」。
入園料は1人80,000ルピア(約640円)

ここでは自由にパーク内を駆け回るお猿さんの姿を見ることができます♩
(パークの外にあるお土産屋さんや、お家の屋根の上も自由に走り回っていましたがw)

スタッフさんにお願いしてお猿さんと一緒に写真を撮ることもできますよ。

また、パーク内は小さな森になっており、木々が豊かで歩いているだけでもとても気持ち良かったです。

13:00

自然の中で楽しむブランコ

よくインスタグラムなどで見かけていた、バリで有名なブランコが乗れる場所「アロハウブド」。
ライドが好きな私としては、かなり気になっていました。

実際に行ってみると、ブランコがたくさん並んでいて、
自然の中にあるブランコをイメージしていた私は
「なんか、思ってたんとちゃうかも…?」
と思ってしまったのが正直な感想なんですが(笑)

でも実際にブランコに乗ってみると
ブランコの高さが意外と高くてスリルがあり楽しかったです♩
スタッフさんも積極的に写真撮ってくれるので、写真が好きな方はおすすめ!

入園料が300,000ルピア(約2,400円)とバリにしてはかなりお高めですが、
何種類かあるブランコは乗り放題でしたよ。

15:00

南国感溢れるレストランでランチ

少し遅めのお昼ご飯は、ガイドさんおすすめのレストラン"Tabe Sari"へ。

バンブーを使ったデザインの店内は、とてもバリらしいお洒落な雰囲気です。

バリ料理といえば、やはりナシゴレンは外せませんよね!
ベジタリアンメニューもあったので、私はそちらを注文しました。
お肉がなくても味付けがしっかりしてあり、とても満足感があって美味しかったです!

ドリンクはチョコレートミルクシェイク。

バリではエコとしてプラスチックのストローを使わないお店も多く、
こちらのレストランもストローは竹でした!
エコだけじゃなく、とても可愛いので写真映えもします♩

▼Tabe Sari HP
http://tebasari.com/restaurant/

17:00

ライステラスの景色を背景に

バリといえば、な段々畑に広がるライステラスは絶対に訪れたいバリの景色です。

ライステラスに入るには、10,000ルピア(約100円)ほどを受付のおじちゃんに払います。
その後も途中でおじちゃんたちが座っていて、先に進むためには100円ほど払う必要があるため、
細かい現金があると便利です。

ライステラスの道は整備されていないので、歩きやすい靴がおすすめです。
滑って転ばないように注意しましょう。

ライステラスの入り口周りにはカフェもあるので、
ライステラスを眺めながらまったりカフェタイムもいいですね♩


→Part2に続く
※ 記事が完成次第こちらにURLを貼り付けます
▼下のボタンから他の日の記事へ飛べます▼
    0
    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    コメントするためには、 ログイン してください。

    コメントするためにはログインが必要です。

    ログインはコチラ

    新規登録(約30秒)はコチラ

    ■このTripsを書いたタビニスト

    ぴょん

    293 views

    プロタビニスト

    アメリカとカナダに住んだ経験を活かして、旅行で役立つTIPSもお伝えしていきます♩


    会社員をしながらお休みの日は海外旅行へ。
    おしゃれなカフェが好きです。
    趣味は最近始めたカメラ。

    プロフィール

    関連記事一覧