トランジットもめいっぱい楽しんじゃう!オールド香港とニュー香港をめぐる12時間の旅

日帰り12時間
PRO

どんなTrips?

飛行機の乗り換えであるトランジットタイムは空港での退屈な待ち時間?!

いえいえ!

トランジットはお得に別の国を楽しむことができるボーナスステージです!!

今回は中東イスラエルへ行く際に、12時間のトランジットタイムがあったので
空港から飛び出して香港の街へ遊びに行っちゃいました。

12時間で香港をどれだけ楽しめるか・・・ご紹介します!

PM13:40

香港国際空港

キャセイパシフィック航空で香港国際空港に到着。
今からトランジットの12時間で香港を楽しみ尽くします!

実は私は二度目の香港ですが、
前回は時間がなくて行けなかった場所を攻めてみます!

では早速、空港直結のエアポートエクスプレスに乗って香港中心部の香港駅へ向かいます。

空港から中心部の香港駅までは24分。片道115HKD(約1600円)

バスよりも値段は高いですが限られた時間を有効活用するため、
こちらを選択しました。

USBケーブルでスマホの充電も可能です。






AM14:30

蘭芳園 Lan Fong Yuen 港澳碼頭店

香港駅に到着後、上環まで歩いて移動する途中
お腹がすいたので地元の人にも人気な蘭芳園でランチにしました。

マカオへ行くフェリーターミナルがあるビルの中です。

香港のローカル食堂という雰囲気が面白い♪

名物の奶茶(ミルクティー)が20HK$ (約260円)
蒽油雞扒撈丁という汁なし麺が50HK$(約700円)

ネギ醤油風味?のソースがかかったジューシーなチキンがおいしい!
濃厚なミルクティーも甘さ控えめで飲みやすいです。

【住所】304D, 3/F, Shun Tak Centre,168-200 Connaugh Road Central, SheungWan
【アクセス】上環駅から徒歩8分
【営業時間】7:30 - 21:00
【定休日】日曜日、旧正月

PM15:00

上環

お腹がいっぱいになったら香港さんぽ再開。

遠くに見える高層ビル群と翡翠色の海。

香港の路地裏のノスタルジックな空気が好き!
東京とは全く違う、どこか退廃的な雰囲気が面白いんです。

街を歩きながらカメラのシャッターを切る手が止まりません。

中国らしいコアなお土産屋さんが並ぶ香港のキャットストリートは
実は東京の原宿~表参道間のキャットストリートの元ネタなんだとか!

PM15:30

文武廟

香港最古の道教寺院の文武廟。
天井から吊り下がるたくさんのお香と、差し込む光がなんとも幻想的なお寺です。

学問の神様と武道の神様が祀られているので、学生さんが多く参拝するそうです。

朱と金で彩られたゴージャスな内装がなんとも中国情緒たっぷり。
たくさんの赤い短冊にお願い事が書いてあります。

ここは大人気スポットで沢山の観光客が競って写真を撮っていました。
ちなみにフラッシュは禁止です。

自分も写真に写りこみたいなら、早朝など人が少ない時間に来るのがおすすめです。

【住所】128 Hollywood Road, Shueng Wan, Hong Kong
【アクセス】上環駅A2出口から約徒歩10分
【営業時間】8:00~18:00
【休業日】無休
【料金】無料



AM16:00

半路咖啡(Halfway Coffee)

香港を再訪したら絶対行きたかったのがこの半路珈琲♡
お土産物屋が立ち並ぶキャットストリート内にあります。

このカップが香港らしくてとってもおしゃれなんです。

シンプルモダンな内装に、
色鮮やかな中国の伝統的な模様のカップがアクセントになっています。

店内は人気でいつも混雑しているようですが、
紙カップでテイクアウトも可能ですよ。

私は運よく窓際の席に座れましたが、
あえてこのカワイイ紙カップに入れてくれるよう頼みました。

私が日本人だと気づくとお店のお兄さんが
日本のガイドブックの”aruco”を持って来てくれたりと気が利いています。

とても気分よく過ごせたので、思わず帰りにチップをはずんでしまいました。

【住所】26 Upper Lascar Row Sheung Wan
【アクセス】上環駅から徒歩7分
【営業時間】10:00-18:00
【休業日】無休
【HP】https://www.instagram.com/halfwaycoffee/

PM17:30

益昌大厦(Yick Cheong Building)

上環駅から地下鉄に乗り太古駅で下車。(乗車時間18分)

ここは映画『トランスフォーマー』のロケ地として有名な
モンスターマンションこと益昌大厦です。

コの字型にそびえたつ少しレトロなこの高層マンションは
生で見るとなかなかの迫力です。

大きなゴミ箱?の上によじ登って写真を撮ると迫力のある仕上がりになります。

人気のインスタ映えスポットなので、多くの若者でにぎわっていました。

そんな隣で、住民のおばちゃんたちが麻雀台でカードゲームに熱中しているのは何だかシュールで微笑ましい光景でした♪

このマンションには一般市民が生活しているので、大声で騒いだりしない等の配慮は必要です。

【住所】Yick Cheong Building, King's Rd, Quarry Bay, 香港
【アクセス】太古駅から徒歩5分



PM18:00

二階建てのトラム

モンスターマンションの近くの乗り場からトラムに乗車。

イギリスの統治時代から続く二階建てのトラムは香港名物の一つです。

二階席をゲットして香港の街並みを眺めます。
値段はどこまで乗っても3HK$(訳40円)と激安!!

香港に来たら一度は体験したいですね♪

ただし、思った以上にゆっくり進むので
のんびり街を眺めたいときや、歩き疲れた足を休ませたい時がおすすめ!

渋滞時はこのトラムが徒歩に抜かされていました(涙)

急ぎの時は、地下鉄かバスを使ってください!

PM20:00

ヴィクトリアピーク

100万ドルの夜景が見られる場所として有名なのがこのヴィクトリアピーク。
長崎・モナコと並んで世界三大夜景の一つと言われています。

ヴィクトリアピークに行くにはピークトラム乗る必要がありますが
このピークトラムが劇混み!!

一時間以上並んでやっと乗車できました。往復52HK$(約700円)

夜の時間帯は並ぶので、バスやタクシーを使うほうがいいかもしれません。

私は有料の展望台を使わず、
無料の獅子亭観景台で100ドルの夜景を拝みましたが、十分きれいに見えましたよ。

モナコでも長崎でも夜景を見ましたが、
その中でもこのヴィクトリアピークで観た夜景がダントツで輝いていました。

【住所】太平山 香港 The Peak
【アクセス】ピークトラム乗り場からピークトラム山頂駅まで8分


PM22:00

再び空港へ

ピークトラムで山を降りた後は、空港へ向かうためバスと徒歩で香港駅を目指します。

道中の近未来的な香港の摩天楼に思わずため息。

ノスタルジックな気持ちにさせてくれるオールド香港と
このきらめく最新の高層ビル群との対比が香港の魅力の一つですね。

名残惜しい気持ちもありながら、香港駅からエアポートエクスプレスに乗り空港へ向かいます。

あっという間の12時間。

旅の序盤にして、とっても充実した香港での一日を過ごすことができました。

もし時間があるときはあえてトランジット時間を長くして
お得に海外を楽しむのも一つの手ですよ♪

ただし、楽しみすぎてフライトの時間には遅れないように注意してくださいね!!

▼下のボタンから他の日の記事へ飛べます▼
    0
    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    コメントするためには、 ログイン してください。

    コメントするためにはログインが必要です。

    ログインはコチラ

    新規登録(約30秒)はコチラ

    ■このTripsを書いたタビニスト

    Haruna

    2,975 views

    プロタビニスト

    都内で働きながら有給や休暇で旅するOLトラベラー。
    頭の中は常に旅のことでいっぱい!
    大好きな旅の刺激や感動を、少しでもお届けできればなと思っています。



    カワイイがたくさんの女子旅から、
    バックパックを背負ってのアジア一人旅、
    優雅な豪華客船旅までジャンルや地域に拘らず様々な旅が好き♡♡
    いつかシルクロードを陸路で旅するのが夢。
    2019年現在、渡航数は28か国。

    プロフィール

    関連記事一覧