常夏が眩しい♡

【マイアミ】で過ごす大人バカンス♪

3泊4日
PRO

どんなTrips?

太陽と常夏を求めて3月上旬のアメリカ、マイアミへ♪ 3月は冬真っ盛りなカナダはトロントに住む私にとって、マイアミのあの眩しさはまさに求めていたもの♡ スペインの文化が混在するマイアミを感じた今回の旅。のんびーり、まったーり、予定を詰め込みすぎず太陽を感じる大人バカンスをご案内させていただきますね♡

10:00

カナダはトロントを出発し飛行機で約3時間20分、マイアミへ到着!まずはAirbnbでとったアコモデーションへチェックイン。バゲージを置いてさっそく太陽の眩しいマイアミの街へ♪

12:00

エスパニョール通り

ビーチも良いけど、まずは腹ごしらえ 笑 と、いうことで訪れたのはEspanola way(エスパニョール通り)にあるメキシカン料理のレストラン♡ 

このEspanola wayはその名の通りスペインの香りが漂うとってもエキゾチックでアクティブなバイブ溢れるエリア☆ 

周りの建物はカラフルなパステルピンクやイェロー、大木が木のトンネルを作り出し、歩いてるだけで心が満たされます。

Milaniジェラート

今回のマイアミの旅では、レストランは敢えて予めのリサーチはせず、地元の方のおススメや直感に従って飛び込み 笑 

湿気が少なくカラッとした暑さが特徴のマイアミ、突然ジェラート店を見つけたら、、、もちろんピックアップします 笑 (このジェラート、とってーーも美味しくて、ぜひおススメです♡)

15:00

サウスビーチ

さて、腹ごしらえが住んだら待ってましたサウスミビーチへ! 白い砂浜にティファニーブルーの大きなパラソルたちがとっても可愛い♡ 

白い砂浜に特大ピンクタオルを敷き、さっきそこのストリートで買ったサンクリームを塗り、Just ゴロン ^^ マイアミの太陽を全身で感じるこの瞬間、なんて贅沢なんでしょう。。

ビキニの肩紐をセクシーに外し日焼けをしたり、持参したミステリー本を読破したり、ただただ風を肌で感じたり、みんな思い思いにサウスビーチを楽しんでいます。

19:30

South Beach Street

さて、ビーチでまったーりしていたらすっかり夕焼けが美しい時間に。マイアミのナイトライフを楽しむお時間♪ 

マイアミのナイトライフを肌で感じるならサウスビーチストリート。軒を連ねるバー、クラブ、レストランが全てネオンに彩られ、ヤシの木たちとの融合で壮大な雰囲気を演出しています。

普段はアルコールを全く飲まない私たち、でもせっかくマイアミだから、ということで特大マルゲリータを!

お、大きい。。。持ち上げることもできず 笑
料理を待っていると、通りかかった黒人の絵かきさまが「素敵な目をしてる」と言って、突然私の絵をスケッチし始め、嬉しいことにとっても美人に書き上げて頂きました 笑 

異国でのこういった体験は旅の醍醐味♪時がたった今でも思い出の一部として大切に保管させていただいています♡ 絵かきさま、ありがとう♡

Art Deco Historic District

さて、ほろ酔いになったところでアコモデーションへ戻ることに。道中、神秘的な夜のマイアミで隠れ家的な素敵な建物を見つけ一枚パチリ。

とっても人気なサンドイッチ屋さんも! 夜10時を過ぎているのに店内も店外もマイアミガールでいっぱいです♪滞在中に私たちも試したいな♡ と思いつつ一日目が終了。二日目にワクワクしながら就寝です^^

10:00

ビスカヤ宮殿

Good morning マイアミ♪
早起きして楽しみにしていたビスカヤ博物館&庭園へ♡ ダウンタウンから車で約30分、マイアミ南部、ビスケー湾に面した豪華宮殿。

ジャングルのような小道をドンドン行くと、そこはまるでタイムスリップしたかのような中世イタリア、トスカーナ地方を思わせる世界が広がります。

陽気なマイアミバイブとは違い、何かを秘めているようなとっても神秘的な世界。

こちらは元々ビジネスマン、James Deering氏が1914年~1920年代にかけて農業機器の製造会社、冬は別荘として建てたお屋敷ですが、現在はアメリカの歴史的建造物、国家歴史的建造物などにも指定されている歴史的な建物。ミュージアムとして一般公開されていたり、ウェディングのベニューとしても多くの人から愛されています。

ここにいると何だか心が清められる感覚に。

博物館を抜けると迷路に迷い込んだかのような美しくも妖艶なガーデンが目の前に広がります。
一日中この妖艶な空間に浸っていたいと思わせるビスカヤ宮殿。博物館内をまわるだけでも約1時間、庭園で1時間、ゆっくり写真をとったり、テラスで読書をしたりすると約4時間ほどの所要時間でしたよ^^

14:00

Art Deco Historic District

さて少しミステリアスさの残るビスカヤ宮殿を後にしマイアミダウンタウンへ。

マイアミと言えば見逃せないパステルカラーな建築が可愛らしいアートデコエリアを散策♡ どこを切り取ってもチャーミングな建築たち♪

他にはないマイアミならではのこちらの建築はマイアミへいらしたら必見です。

15:00

サウスビーチ

そして今日も夕暮れ前のマイアミビーチでまったり。

今日はたくさん歩いたのでアコモデーションでアメリカンドラマ、Friendsでも見ながらゆっくり明日に備えます^^

10:00

Bayside Marketplace

3日目の今日はマイアミの風を感じにBayside Marketplaceへ!

たくさんのバー、レストラン、雑貨屋さん、ライブミュージックを湾岸置きのオープンスペースで楽しめるマイアミで最も人気なスポットの一つ。

アメリカンドラマ、マイアミバイスになったことでも有名です♪
さて、このBayside Marketplaceへ来た理由の一つに、有名映画、トム・ハンクスが主役を演じた「Forest Gump」よりインスパイアーされ生みだされたシーフードレストラン、「Bubba Gump」へ訪れるため♪

はい、わたし映画Forest Gump を見て涙した一人です^^
(写真はForest Gumpの中でトムハンクスが座っていたバス停のセット^^)


現在日3店舗ほど出店しており、世界に29店舗を展開。Forest Gump 好きな方は見逃せないスポットの一つですね!
ただ、、、その時シーフードの気分ではなく、、、特大バーガー 笑

20:00

Joe's Stone Crab Miami

夜はシーフド!
マイアミに来たら絶対見逃せないJoe’s Stone Crabを今回滞在したAirbnbの家主さまにおススメされ心行くまでいただきました♡ 

しかし、こちらディナー時は常に満席で待つのは当たり前とのこと。私たちも1時間ほど待ってようやく席確保!

受付を抜け店内まで通されるとそこは舞踏会でもできそうな豪華さ 驚 ドレスコードがもうけられており、Tシャツにビーサンでは行けない少しフォーマルなシーフードレストランです。
さて、こちらに来たら絶対外せないと教えていただいたのがKey Lime Pie (キーライムパイ)!

試してみましたが、、、うーん、、、日本人の口には少々甘く、、、なぜこれが名物なのかな?という感じでした 笑 

でもマイアミに来たらまた行きたい素晴らしいシーフードが頂けるレストランでした^^
さて、明日早朝の飛行機でトロントへ戻る私たち。

トロントから約3時間と近いため、またいつかの極寒のトロントから避難するためのデスティネーションとしてリストに追加したいと思います^^ 来冬の避難先はカリビアンにでもしようかな♡
▼下のボタンから他の日の記事へ飛べます▼
    0
    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    コメントするためには、 ログイン してください。

    コメントするためにはログインが必要です。

    ログインはコチラ

    新規登録(約30秒)はコチラ

    ■このTripsを書いたタビニスト

    Saori Cruz

    678 views

    プロタビニスト

    トロント在住。国際結婚し今はカナディアンの旦那さまや、、トロントで出逢ったお友達と週末カフェやブランチをする時間が幸せ♡


    週末は平日仕事に行くよりも早起きしてお気に入りカフェへ ♡ℒฺℴฺνℯฺ♡ ゆっくり本を読んだり、自身のブログ用に海外生活、ライフスタイル、旅行、カフェ情報の執筆活動をしたり♪ Me timeを大切にし、セルフケアで心のバランスを保つようにしています :)


    日本で大学を卒業後、広告代理店で営業企画、アパレルでマネージャーとしてキャリアを積んだ後、トロントへ留学。
    トロントのカレッジを卒業し、現在は教育カウンセラー/マーケターとして多国籍な環境の中でお仕事をさせて頂いてます :)
    平日とっても忙しくしてある分、ロングウィークエンドや、1年に1度ある2週間のバケーションで旅行を楽しんでます♡


    トロント在住ですので、トロントのオススメスポットなども発信出来ればと思っています♪ どうぞ宜しくお願い致します :)

    プロフィール

    関連記事一覧