イタリアとパリを自由に巡る旅 〜イタリア6都市周遊編〜

11泊13日 約120万円(飛行機代・ホテル代・電車代・バス代)
PRO

どんなTrips?

夏休み。

イタリアの都市を周遊し+パリを旅する
12泊13日。

オススメのお店など含め、
詳しくご紹介します。

今回はイタリア編です♡

イタリア滞在は8泊9日。

イタリアは、
ヴェネツィア→フィレンツェ→チンクエテッレ
→ポルトフィーノ→ジェノバ→ミラノと電車で周遊しました。

11:45

羽田からパリへ

まず羽田からパリへ。
ANAのビジネスクラスを利用したよ!

アメニティーはグローブトロッターのポーチに入ってくるのが嬉しい♡

和食は「よし邑」の総理長が監修。
美味しかった!

フルフラットのシートで爆睡してる間に
あっという間にパリへ到着。

19:25

パリからヴェネツィアへ

パリからブエリング航空に乗って、
さらに約1時間30分かけてヴェネツィアへ向かいます。

22€プラスするだけで1番前の足元が広い席が選べて、優先搭乗もできるから1番前のシートがおすすめ!

21:00

ヴェネツィア到着!

空港からローマ広場をつなぐシャトルバス。

ATVOと書いてある券売機でチケットを買い、
35番乗り場へ!

めちゃくちゃ快適なバスだし
8€だからタクシーよりもおススメ♪
(タクシーは固定料金で40€)

21:30

はじめての水上バス

ローマ広場までしか車やバスの乗り入れができないので、ここからは水上バス。

1回券が7.50€で75分間使えるから
乗り換えも自由!

めちゃくちゃ船酔いする私でもまったく酔わないくらい揺れないしゆっくり進んでいくからありがたい!

水上タクシーもあるんだけれど
ビュンビュン進んでるから
「あ、これは酔う」と思ってしまったから
バスにしました☺︎

22:00

ホテル・ダニエリにチェックイン

ずっと泊まりたかったホテル・ダニエリ。

【ホテル ダニエリ】5つ星ホテル
https://www.marriott.com/hotels/travel/vcelc-hotel-danieli-a-luxury-collection-hotel-venice/?scid=bb1a189a-fec3-4d19-a255-54ba596febe2

泊まりたかったホテル ダニエリへ!

チェックインから始まりホスピタリティーが素晴らしすぎた♡

まず目につく豪華な階段はテンションがあがる。

そしてお部屋は広く落ち着いており、温かみがあってリラックスできた。

AM11:00

街を散策

どこを歩いていても運河が見える。

ゆらゆら揺れながらのんびり進んでいくゴンドラは
とても優雅。

小さく、かわいいお店も点々とあって
キャンディー屋さんの前はあま〜い匂いがして
なぜかとてもヴェネツィアらしさを感じた。

PM12:30

世界で一番美しい書店

自らを"世界で一番美しい書店"
と名乗る本屋さんLibreria Acqua Altaへ。

ゴンドラやバスタブに大量に本が積んで売られいて面白い。

興味深い本や可愛い雑貨がたくさん売っているよ!

ディスプレイがめちゃくちゃ可愛くてつい何枚も写真を撮ってしまう♡

PM13:00

アイスを食べながらリアルト橋まで

ヴェネツィアで1番美味しい!
と巷で言われているだけあり
大行列のジェラート屋さんSusoのアイス片手にリアルト橋へ。

"なんかこの橋映画で見た事ある!"
そんな光景だった。

PM13:30

ワーグナーの愛したカフェ?!

サンマルコ広場にあるとても素敵なカフェ
Caffe Lavena。

作曲家ワーグナーも愛していたカフェなんだとか。

シャンデリアやヴィンテージの家具が
歴史を感じられてうきうきした。

PM14:00

ホテルでランチ♪

ダニエリに戻ってレストランで遅めのランチを。

見晴らしがとても美しい...

風が心地よくて
何時間でもいれちゃう!と思うような
テラス席だった。

PM16:00

ドュカーレ宮殿を見学

表裏一体とはまさにこの事なんだろうか...

立派な建物のドュカーレ宮殿の中には
豪華絢爛なお屋敷があり
すぐ、廊下続きで牢獄がある。

ここでどのようなストーリーが繰り広げられていたのだろう?
と考えると、
少しクラっとした。

三枚目の写真は
牢獄の格子から見える橋。
この橋を見て中にいる人はため息をついたことから
今でもこの橋は"ため息橋"と呼ばれているそう。

PM20:00

ディナーは

運河沿いのレストランでディナー。

ビーフとシーバスをチョイス。

ヴェネツィアはどこで食べても基本、美味しい!

メニュー表ですら美しい。

PM21:30

夏は、陽が長い

やっと暗くなった頃。

サンマルコ広場には楽しそうにお酒を飲む声や、楽器の生演奏が心地よく響いていた。

AM10:30

サン・マルコ寺院へ

中は写真NGなんだけれど、
金ピカ!!!!

よくよく見たら全部細かい何かが砕いて
貼ってあって、
それで絵になってる。

とてつもなく壮大で...
感動する。

PM12:00

鐘楼へ登って

ヴェネツィアの街が一望できちゃいます!

エレベーターで上り下りできるから
楽♪

PM13:30

ランチはパスタを♡

シーフード系のパスタが美味しいと聞き
Al Paradisoへ!

きのこのパスタもロブスターのパスタも
とても美味しくてオススメ♪

https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g187870-d1087239-Reviews-Al_Paradiso-Venice_Veneto.html

PM14:30

アカデミア美術館へ

アカデミア美術館はには宗教画から現代アートのような彫刻まであって
飽きずに楽しめた。

写真3枚目の部屋は
すごく神聖な空気が流れていたなぁー。

ガイドを聞きながら美術館を回るから
3時間くらいじっくり美術館を堪能した。

PM18:30

ディーナーはピザ

ここのピザとサラダがめちゃくちゃ美味しかったのに、
店の名前を忘れてしまった、、、泣

食後は
早めに帰ってホテルでゴロゴロ♡

PM7:00

フィレンツェへ移動♪

ヴェネツィアからフィレンツェへは
イタリアの新幹線Italoで2時間半くらい。

切符は当日に変えるから
予約は特に必要ないかな!

AM 11:00

ウィフィッツ美術館へ

大本命はやはりボッティチェリの名作2点!!

滑らかなタッチがこの時代の作品には
新鮮に感じた。

何度かウィフィッツ美術館には来ているけれど、
いつ観ても良い♡

かなり並ぶから事前にネットから予約を忘れずに!

PM14:00

街をぶらぶら

DUOMOやヴェッキオ橋の周辺をぶらぶら。

DUOMOは入りたかったんだけれど
事前予約し忘れて入れなかった...

並ぼうとしたら2時間待ちくらいで...
事前予約必須ですよ!

PM16:00

ジェラート♡

Venchiのジェラート大好き!!

何食べても美味しいんだけど、
今回はチョコチップとクリームにした♡

美味☺︎

PM16:30

ザ ウェスティン エクセルシオール フィレンツェにチェックイン

【ザ ウェスティン エクセルシオール フィレンツェ】5つ星ホテル
https://www.booking.com/hotel/it/westinexcelsiorflorence.ja.html

ウェスティンホテルのデラックスルームに宿泊♡

お部屋はゆったりめの広さ。

ウェスティンのベッドはシモンズだから
寝やすいのよね♡

PM17:30

ショッピング♪

パトリツィアぺぺとアメリカンビンテージは大好きなお店♡

大量購入。

パトリツィアぺぺはフィレンツェが本店で
エッジの効いたデザインが多く、
アメリカンビンテージはとにかく生地が良い!

PM19:00

世界最古の薬局

もはや中は美術館!?なサンタ・マリア・ノヴェッラ薬局。

日本語メニューがあるから
分かりやすく買い物ができる♪

私はスクラブやローズウォーターを購入!

PM20:30

かなり美味しいディナー

トスカーナ料理がいただける
レストラン giovanniへ。

お肉もお魚も
相当美味しかった。

ワインの種類が豊富だから
手にとって選ぶのが楽しい♪

http://www.osteriadigiovanni.com

AM8:00

ラスペツィアという街へ

街が世界遺産になっているチンクエテッレに行きたくて、
その為にチンクエテッレの窓口とも言われる街
ラスペツィアへ。

フィレンツェから一回電車を乗り継ぎ向かう。
当日券売機で切符が買えるので予約は特に必要なし。

AM11:00

ホテルフィレンツェ e コンティネンターレへチェックイン

【ホテル フィレンツェ e コンティネンターレ】4つ星ホテル
https://www.hotelfirenzecontinentale.it

ホテルにアーリーチェックイン。

このホテルは普通のビジネスホテルだけれど、とにかく立地がいいからおすすめ!

ラスペツィアの駅の目の前にあるんです!

チンクエテッレはリグーリア海岸に沿った5つの村からできています。

ラスペツィアから電車で8分
早速第1の村へ。

PM11:30

◾︎ リオッマジョーレ

リオッマジョーレは活気に溢れたラスペツィアから1番近い村。

カラフルな建物が縦並んでいます。

至る所にレモンのモチーフがあり、
見渡せば自然。

なんて素敵なところなんだろう。

小さな小道にはお花がたくさん咲いていて
なんだかもう、
全てが可愛い♡

そんな街です。

次は電車に乗って約3分
第2の村へ。

PM14:00

◾︎ マナローラ

"チンクエテッレ"とネットで検索すると出てくるのがここ、マナローラ!

この景色、なんとなーく
見たことありませんか?

言わずもがな、絶景中の絶景です♡

絶景は色んなとこにハイキングして見るのですが、なかなか疲れます!笑

でも、こんな景色見れるのはなかなかない、、!!

海では地元の人たちが楽しそうに泳いだり、岩から飛び込んだりして遊んでいて
とても楽しそう!

マナローラは笑顔で溢れた村でした。

次は電車で約10分。
第3の村へ。

PM16:30

◾︎モンテロッソ

モンテロッソはThe 海辺の街!!

カラフルなパラソルが目を惹く海外と
澄みきったブルーの海。

そんな海を見ながらの白ワイン...

私服です。

海岸沿いには花がズラーっと
街を綺麗に色付けてくれています。

PM17:00

ショッピング

街を散策しているとみつけたlanapoという靴屋さん。

とにかく履きやすくイタリアンレザーを使った小洒落たデザインの靴が沢山売ってて
私もゲット!

さて次は第4の村へ。
電車で約3分。

PM19:00

◾︎ヴェルナッツァ

ヴェルナッツァは小さな街で1番観光客が少なかったかな??

景色はもちろん美しいのだけれど
そんなに見所は特になかったから
村をぐるっと一周したよ!

ネコちゃんがとても多い村だった。

さて、最後は第五の村へ。
電車で約5分。

PM20:00

◾︎コルニリア

コルニリアはチンクエテッレの中で1番小さな村。

しかし、この村にたどり着くには
駅の前から約500段の階段を上らなければならないと!!

わたしは上りは階段が辛いので
遠回りして車道の坂道を登ってった。
坂道も辛いからどちらがおすすめかは悩ましい!笑

ただ、下りは絶対に階段だ!

教会ではコンサートが行われており、
行列ができているお店でディナーをして帰路に着いた。

AM10:30

天国なの??ポルトフィーノへ

ものすごく楽しみにしていたリゾート地ポルトフィーノヘ!

ラスペツィアから
サンタ マルゲリータ リグレ駅まで約1時間半くらい電車に乗り、
そこからバスで20分くらいかけてポルトフィーノへ。

ポルトフィーノは世界中のセレブ達が
バカンスに訪れるとだけあって
物価はかなり高い。

しかしここは天国のよう、、。

ホテルは
【ホテルピッコロポルトフィーノ】 4つ星
http://www.hotelpiccoloportofino.it/en/

AM11:00

ホテルのプライベートビーチでまったり

このホテルを選んだ理由は
素敵なプライベートビーチがあるから!!

のんびーり、太陽の陽を浴びていたら
うとうとしてしまって、、、

最高のお昼寝タイム。
贅沢な時間。

PM16:00

なんとなく、街をぶーらぶら

夕方まで寝ちゃって
目覚めもよく街をぶらぶら。

みんな、"なにもしない"を楽しんでる。

そんな街♡

PM18:00

海辺で夕食

夕食は海辺のレストラン
Da I Gemelliで。
https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g187825-d6988975-Reviews-Da_I_Gemelli-Portofino_Italian_Riviera_Liguria.html

ここのボンゴレめちゃくちゃ美味しかった!!

PM21:00

さすがはセレブのバカンス地!

どんだけ大きいの!?
ってくらい大きいプライベートクルーザーが沢山港には停泊している。

ほんのり音楽がかかってて、
中ではパーティーが行われている模様。

なんて優雅なんだろう 笑

私は海の波の音を聞きながら
早めに就寝。

AM8:00

ブラウン城へ

朝からハイキング。

ポルトフィーノが見渡せるブラウン城へ。

小高い丘の上にあるブラウン城から見る景色は絶景!

ブラウン城自体も、
とても素敵で部屋にはまだ近くまで使われていたような雰囲気を感じた。

PM11:00

ポルトフィーノからジェノバへ移動

ジェノバでは
【グランド ホテル サヴォイア】5つ星
https://www.grandhotelsavoiacortina.it
へステイ。

ピンクの外観が可愛くて
中は重厚感あるラグジュアリーな雰囲気でとても素敵。

屋上にはジャグジーや、
室内のサウナやプールも自由に使えるよ!

PM13:00

街を散策

ジェノバの街は観光客はあまりいなく
地元感がすごく強い街だった。

ブランド街やショッピング街には
カラフルに空が飾られていたり、
Genovaのオブジェが飾られた
フェラーリ広場はみんなの憩いの場になっていた。

PM14:30

コロンブスのお家

一瞬気が付きづらい感じで佇むコロンブスの家。

家の中やお庭にある遺跡?は入って中を見ることができる。

お家の中はとてもこじんまりしていて
重要な書物などが展示されていた。

PM15:30

赤の宮殿と白の宮殿

ジェノバには赤の宮殿と白の宮殿がある。

赤の宮殿は、、、
ちょっと正直怖かった 笑
中がすごく埃っぽくて、
私ちょっと霊感あるんだけども ベッドルームが、、、。

白の宮殿はとても豪華で、
ステキな宗教画の絵画もたくさん飾られていた。

宗教画は受胎告知やヴィーナスの描かれたものが多かった。

そして、パガニーニが使用していたヴァイオリンが隠れ家のような場所に展示してあって感動した。

PM19:30

ホテルに戻ってゆっくり

ホテルに戻ってご飯を食べながらワインを飲んだり。

外のテラス席で
リラックスして食べるご飯は最高。

ティラミスがめちゃくちゃ美味だった♡

AM9:00

ミラノへ移動

ジェノバからミラノへ移動。

電車は当日買えばOK!

一等車は快適で良いよ。

AM11:00

アルマーニ ホテル ミラノへチェックイン

めちゃくちゃ泊まりたかったホテル
【アルマーニ ホテル ミラノ】5つ星
https://www.armanihotelmilano.com

このホテルは一泊10万円程するからお高めのホテル。

しかし、ラグジュアリーの極み!

エレベーターには"ARMANI HOTEL"と書いてあり
いきなり わぁ♡となる。

凹凸が限りなく少ない壁や、
取っ手すらないドア。

ドアを開けると円形で天井が高いエントランスのような空間。

"モダン"て言葉はこの為にあるのか!?
と、問いたくなるようなまでに美しいモダンなホテル。
随所にアルマーニブランドのこだわりを感じられます。

そして、流石すぎるホスピタリティー。
冷蔵庫の中の飲み物は全てフリー。

アメニティーも

アメニティーも全てアルマーニ。

シャンプー、ボディーソープ
めちゃくちゃいい匂い。

PM13:00

ミラノと言えばドゥオモ!!

ドゥオモへ。

中のステンドガラスに描かれた宗教画がとても素敵。

あるステンドガラスには、
宝石が実際に埋め込まれてあった!
宝石が埋め込まれているもの、初めてみた。

地下の展示室は
もともとここは神殿だったんだろうか?と妄想膨らむ地下空間があった。

さらに小さな教会などもあって
こんなステキな建物があるミラノが、羨ましかった。

PM14:00

是非テラスへ出てほしい

ものすごく近くで触れながら
建物の装飾を見ることができる。

柱には顔が彫ってあったり
ほんとに細かい。

見下ろす景色も素敵。

PM16:00

ガレリアで願いを

おぉぉ!ミラノだ!
と改めて思ってしまう場所。

有名なガレリア。

ガレリアの中はカフェやお店がたくさん。

2枚目の写真に写る雄牛のレリーフの急所に足のかかとを乗せ、
願い事をしながらクルっと回るとと願いが叶うらしい。

ものすごく、しっかりお願いした 笑

PM17:00

HERMESへ

靴が欲しくてHERMESへ。

日本で買うより2万円にくらい安かったよ☺︎
お得!嬉しい!

PM19:00

日本食が食べたくて

大阪というお店へ。

クオリティーの高い日本食がいただけます。

醤油が、、、体に沁みる〜!

PM21:00

ホテルでまったり♡

夜はまったりと存分にアルマーニホテルを楽しみました♡

AM10:00

モーニングは

カンパリ発祥のバール、カンパリーノ イン ガッレリアで♪

クッキーの盛り合わせがめちゃくちゃ美味しかった!

AM11:00

セレクトショップ巡り

オシャレなセレクトショップ、
gio morettiでショッピング!

センスのいい品揃えで、
ディスカウントしてある商品も沢山ある。

PM13:00

スフォルツェスコ城

スフォルツェスコ城はめちゃくちゃ広い!

絵画や彫刻がたくさん展示してあるのはもちろん、
価値のある楽器や陶器、
家具に至るまで膨大な広さの敷地に展示してあってつい夢中に。

壁に移されるプロジェクションマッピングでダビンチのストーリーが上映される部屋もあり、
美しく映し出される天井の光に
心、持ってかれた。

PM16:40

そして、ついに...

大本命。
本当に見れてよかった。
レオナルド ダ ヴィンチの "最後の晩餐"

1グループに与えられた時間は
たった15分。

その15分、一生忘れないようにと
じっと見続けた。

鳥肌が立って、知らない感情が湧いてきた。
たぶん、私の中のなにかどこかの琴線に触れた。

最後の晩餐は
だいぶん前からガイドツアーを予約しておかないと入れないから
事前予約を忘れずに!

私はGetYourGuideから予約したよ!
一カ月前に予約したけど
殆ど埋まっちゃってたからお早めに。

https://www.getyourguide.jp

PM19:00

そして私はこの後9日間過ごしたイタリアを後にし、パリへと向かいました。

パリの旅行記は次のパリ編の記事で♡
▼下のボタンから他の日の記事へ飛べます▼
    0
    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    コメントするためには、 ログイン してください。

    コメントするためにはログインが必要です。

    ログインはコチラ

    新規登録(約30秒)はコチラ

    ■このTripsを書いたタビニスト

    松林 裕香

    1,497 views

    プロタビニスト

    ✔︎ WAWA travel.プロデューサー/ピアニスト

    「世界が好き」
    読んでくれた人が、"また、旅したくなる。"
    そんな風に思ってくれるような旅メディアを目指します!
    象使いの免許、持ってます。


    ◾︎学歴
    ・神戸大学発達科学部附属明石幼・小・中学校
    ・東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校
    ・東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻
    卒業。

    ◾︎音楽大学短期留学
    ・ポーランド ワルシャワ音楽院
    ・オーストリア ザルツブルグ音楽院
    ・ニューヨーク マネス音楽院

    ◾︎コンクール/オーディション/音楽歴
    1995年 第6回兵庫県学生ピアノコンクール金賞
    1996年 第7回兵庫県学生ピアノコンクール金賞
    1997年 第8回兵庫県学生ピアノコンクール金賞及び優秀賞
    2001年 第7回宮日音楽コンクールピアノ部門
    最優秀賞及び中学生部門1位
    2002年 第4回ショパン国際ピアノコンクールinASIA入賞
    2005年 ザルツブルグ国際音楽アカデミー ドミトリー・バシキロフオーディション合格
    2008年 マネス音楽院ニューヨーク国際ピアノ音楽祭にて公開レッスン代表生に選ばれる

    これまでに、上野真氏、伊藤恵氏、ガブリエル・タッキーノ氏に師事。
    その間、レギナ・スメンジャンカ氏、ドミトリー・バシキロフ氏、ステファン・モラー氏、エドワード・ジルバーカント氏に指導を受ける。

    2013年
    松林裕香 1st Chopin Album 発売

    2013年〜2015年9月
    ピアノロックバンド LAID BACK OCEAN
    ピアノ担当

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    2017年6月〜
    毎月海外旅行に行くようになる。
    2019年9月までで海外旅行に行った回数は33回(25カ国)。

    現在
    ピアニストとして活動する傍ら、
    アーティストを中心に後進の指導にあたる。
    また、会社経営に目覚める。

    ◾︎ 株式会社WAWA/代表取締役社長
    ◾︎ ナンバーワントラベル株式会社/執行役員 最高企画責任者

    プロフィール

    関連記事一覧