イタリアとパリを自由に巡る旅 〜パリ編〜

11泊13日 約120万円(飛行機代・ホテル代・電車代・バス代)
PRO

どんなTrips?

9日間のイタリア周遊編からの続きです。

パリ滞在は3泊5日です。

パリは何度も来ていますが
ものすごく大好きな街!

私の好きなセレクトショップやカフェも
たくさんご紹介します♡

PM21:30

ミラノからパリへ

easyJetでミラノからパリへ。

easyJetもオンラインチェックインで席を選ぶ時に プラス約20€程すれば
足元の広い一番前の席&優先搭乗ができるのでおススメ。

あっという間にパリに到着!

PM23:00

空港からは

電車やバスでも市内に行けますが
シャルル・ド・ゴール空港はちょっと分かりづらいし
フライトの後に どこだろう?って探すのはちょっとメンタルやられる、、。

だからやっぱりUberで。
ピックアップポイントも分かりやすくて良い!

40分くらいで市内へ。

PM23:50

インターコンチネンタル パリ ル グランへチェックイン

【インターコンチネンタル パリ ル グラン】5つ星ホテル

オペラ座が目の前!という好立地。

パリの5つ星ホテルって一泊10万以下のホテルってほぼ見当たらないのですが、
インターコンチは約5万円で泊まれます♡

シャワーの水圧もなかなか良い!
メトロの駅も近く、治安も良いし
お部屋も綺麗でおすすめのホテル!

AM10:00

モーニングはクロワッサンから♪

ホテルからすぐのところにある
Café de la Paix でモーニングを。

3種類のパンのセットと、ジュースと紅茶で
1人25€ほど。

店内はパリらしさが凝縮されており
朝から優雅な気分になれます♡

Café de la Paix
https://www.cafedelapaix.fr/ja/

AM11:00

オペラ座を見学

パリ4回目にして初めて中に入ったオペラ座!!

中は"豪華絢爛"。

中世ヨーロッパの富裕層の生活を彷彿とさせるような重厚感ある佇まい。

ホール内の天井は一面シャガールの絵が描かれてある。
私はシャガールの色遣いがものすごく好き。
何色も混ぜ、そして空気を足したような
うっすら鮮やかで落ち着いた発色。

どの部屋も階段も
全てが美しかった!

オペラを観たかったのだけれど
7.8月はオペラ座の公演は夏休み期間で行われていないから、
オペラを観たい方は夏休みは避けた方が良いかも。

PM12:30

ヴァンヴの蚤の市(Marché aux puces de Vanves) へ

パリは蚤の市に訪れるのも醍醐味のひとつ!

わたしはどの国の蚤の市に行っても
絵画を必ず買う。

アーティストさんが沢山自分の絵を売っているから
絵に感情移入もしやすい。

思わぬ掘り出し物に出会える蚤の市はおススメ!

このヴァンヴの蚤の市は
出店数が多く見応え抜群!

ただ、ここに行くときにあまり治安の良くない駅で乗り換えをしないといけないのでメトロはオススメできないから必ずUberで行ってね!!

ちなみに私はメトロで行ったら
乗り換えの駅で移民に囲まれ
エレベーターを緊急停止されたのちに
鞄を奪われそうになったよ!
もはやスリじゃないよね 笑

帰りはもちろんUberを使用した。
パリは電動キックボードも便利。
街のあらゆるところに置いてあって気軽に使えるよ!

日本のスマホじゃ電動キックボードに乗る時に使用するアプリをダウンロードできないやつもあるから
基本はLimeとBird。

でもBirdの方が本体が軽くて安定性があり、ブレーキがしっかり効くからおすすめ!

私ら世界中で電動キックボード乗ってるから慣れてるけど
かなりスピード出るから
慣れてない人は事故らないようにくれぐれも気をつけて下さいね!!

PM14:30

オルセー美術館へ

印象派や彫刻が多いオルセー美術館へ。

オルセー美術館は
もともと駅だった場所が美術館になった。

館内にはレストランもあり、
わたしはランチを館内で食べてから
閉館までずっといたよ。

日本語ガイドあります。

オルセー美術館については
別で記事を書いているので
絵画に興味がある人は覗いてください♪


パリ、オルセー美術館で感じたこと。
記事はコチラ⇩
https://wawa-travel.com/pro/7475

PM18:30

エッフェル塔を見に。

私が好きなエッフェル塔のビューポイントは、
シャイヨー宮広場♡

PM21:00

ディナーはお気に入りのビストロへ

9区にあるシャルティエ(Bouillon Chartier)というビストロ。

長蛇の列ができる人気店。
この日の待ち時間は約1時間半。

しかし、安くてうまい!!
かなりオススメ♡

店内は賑やかで地元民がたくさんいる。

Bouillon Chartier
https://www.google.co.jp/amp/s/s.tabelog.com/france/A5701/A570101/57000053/top_amp/

AM10:00

ラデュレ本店でモーニング

シャンゼリゼ通りにあるラデュレの本店へ。

アイスが乗って、キャラメルソースがかかったフレンチトーストが絶品すぎた♡

ただ、接客が残念。
人種差別のような出来事もあり、
オーダーは白人優先でしていき話しかけても無視。
オーダーを取りに来るまで40分くらい待たされた。
この日のスタッフが良くなかったのかな?
悲しい気持ちになった...。

ただ、味はかなり美味しかったよ!!

Ladurée Paris Champs Elysées
https://www.laduree.fr/laduree-paris-champs-elysees.html

AM11:30

どどーんっ

と、凱旋門♡

必ず凱旋門とここから記念撮影してしまう私です。

PM12:00

ブランド鞄を物色

ブランドもののカバンはパリで買うと本当にお得!!

そもそもも日本より大分安いし、
TAXも返ってくるしね。

LOEWEの鞄もBottega Venetaの鞄も
日本より10万以上やすかったよ♡

PM15:30

オランジュリー美術館へ

ホテルでお昼寝をしてから
オランジュリー美術館へ。

なんと!この日入場料無料だった!
毎月第1日曜日は入場料が無料だそうです★

オランジュリー美術館といえば
モネの睡蓮。

大きすぎる。。。

2部屋にも渡る8枚の連なりのある大きな睡蓮の絵。

このモネの代表作は絶対に見ておくべき作品。

PM19:00

お洒落な本屋さん

Shakespeare and Company
https://shakespeareandcompany.com

アートの本がたくさん売ってるし
見るからにフォトジェニックな本屋さん。

積み上げられた洋書は
見てるだけでワクワクするよ!

PM19:30

ノートルダム寺院

ノートルダム寺院の周りには沢山の人々が集まっていた。
中はステンドグラスがとてもステキだったなぁという記憶。
どうかはやく復旧しますように...。

ノートルダム寺院の周りには
画家の皆さんが沢山路上で絵画を売ってるよ!

私はカップルで絵を描いている方の絵に一目惚れして買いました。

PM20:30

偉人が愛したパリで最も古いカフェ

Le Procope
https://www.procope.com/?utm_source=Google&utm_medium=GMB&utm_campaign=PR

ナポレオン、詩人のフォンテーヌ
哲学者ヴォルテールやジャン=ジャック・ルソーが愛したカフェで
そしてなんと、
ベンジャミン・フランクリンが、アメリカ独立宣言の草案を書いた場所らしい!

もうそれだけでテンション上がってしまうのだけれど、
ご飯も美味♡

カフェだけれどがっつりディナーとして使えるレストラン。

おすすめ!

AM10:00

パレ・ロワイヤル

モーニングをした場所がパレ・ロワイヤルの隣だったから
ふらっと立ち寄った。

AM11:30

ショッピング開始!!

私が必ず行く大好きなショップを紹介して行きます❤️

Sessùn Charonne

Sessùn Charonne
https://fr.sessun.com

シンプルかつガーリーやお洋服がたくさん!!

色のバリエーションも多くてステキなお店♡

Merci

Merci
https://www.merci-merci.com/fr/

有名なセレクトショップ。

センスのいいブランドのお洋服が揃います!

Merciブランドのシャツがめちゃくちゃかわいいよ!

Kiliwatch Paris

Kiliwatch Paris
http://kiliwatch.paris

状態の良い古着が見つかるお店♡

かなりの量があり
宝探しみたい!

私はパリらしい緑のコートを買いました。

Oxyde

Oxyde
https://www.oxyde.fr

パリ市内に4店舗あるけど、マレ地区の店舗が特にお気に入り!

素材が良い服がおおく、
小さな柄物の服がかわいい♡

PM15:30

ポンピドゥーセンター

パリの国立近現代美術館、ポンピドゥーセンターへ。

絵画はあまりよく分からない...
という方にもおすすめな美術館。

ポスト印象派時代後から現代までの作品が展示してあり、
絵画だけでなく石を使った作品や映像作品やポスター、家具に至るまで多岐にわたる展示物が楽しい!

わたしの好きなアーティストの3人をご紹介

ポンピドゥーセンターに展示されてある作品の中から私が好きな3人のアーティストをさくっとご紹介。

写真1枚目
【Wassily Kandinsky / ロシア出身の画家であり、美術理論家】
バランスのとれた絵の配置がとにかく美しい。

写真2枚目
【Henri Matisse / フランスの画家で野獣派のリーダー的存在】
ポスターに近いような色使いで描くマティス。
複雑な構図ではなく単純な画法を用いているのに奥行きを感じられる絵はまさに天才。

写真3枚目
【Jean-Paul Riopelle / カナダ出身の画家兼彫刻家】
強く押し付けられた絵の具の線や点にとてつもない生命力を感じる。

PM20:00

ANA ビジネスクラスで旅の締めくくり

アメニティーは行きの便とは異なる大きめサイズが嬉しいグローブトロッター。

二回出る食事は両方和食をチョイス。

フルフラットで爆睡し、
疲れることなく快適に帰国できました♡


イタリア周遊+パリ 12泊13日の旅。
とっても充実したステキな旅となりました。

イタリア周遊編も合わせて読んでみてね♡
記事はコチラ⇩
https://wawa-travel.com/post_trips/7480
▼下のボタンから他の日の記事へ飛べます▼
    0
    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    コメントするためには、 ログイン してください。

    コメントするためにはログインが必要です。

    ログインはコチラ

    新規登録(約30秒)はコチラ

    ■このTripsを書いたタビニスト

    松林 裕香

    1,371 views

    プロタビニスト

    ✔︎ WAWA travel.プロデューサー/ピアニスト

    「世界が好き」
    読んでくれた人が、"また、旅したくなる。"
    そんな風に思ってくれるような旅メディアを目指します!
    象使いの免許、持ってます。


    ◾︎学歴
    ・神戸大学発達科学部附属明石幼・小・中学校
    ・東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校
    ・東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻
    卒業。

    ◾︎音楽大学短期留学
    ・ポーランド ワルシャワ音楽院
    ・オーストリア ザルツブルグ音楽院
    ・ニューヨーク マネス音楽院

    ◾︎コンクール/オーディション/音楽歴
    1995年 第6回兵庫県学生ピアノコンクール金賞
    1996年 第7回兵庫県学生ピアノコンクール金賞
    1997年 第8回兵庫県学生ピアノコンクール金賞及び優秀賞
    2001年 第7回宮日音楽コンクールピアノ部門
    最優秀賞及び中学生部門1位
    2002年 第4回ショパン国際ピアノコンクールinASIA入賞
    2005年 ザルツブルグ国際音楽アカデミー ドミトリー・バシキロフオーディション合格
    2008年 マネス音楽院ニューヨーク国際ピアノ音楽祭にて公開レッスン代表生に選ばれる

    これまでに、上野真氏、伊藤恵氏、ガブリエル・タッキーノ氏に師事。
    その間、レギナ・スメンジャンカ氏、ドミトリー・バシキロフ氏、ステファン・モラー氏、エドワード・ジルバーカント氏に指導を受ける。

    2013年
    松林裕香 1st Chopin Album 発売

    2013年〜2015年9月
    ピアノロックバンド LAID BACK OCEAN
    ピアノ担当

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    2017年6月〜
    毎月海外旅行に行くようになる。
    2019年9月までで海外旅行に行った回数は33回(25カ国)。

    現在
    ピアニストとして活動する傍ら、
    アーティストを中心に後進の指導にあたる。
    また、会社経営に目覚める。

    ◾︎ 株式会社WAWA/代表取締役社長
    ◾︎ ナンバーワントラベル株式会社/執行役員 最高企画責任者

    プロフィール

    関連記事一覧