• HOME
  • 投稿
  • PRO
  • ミラノから行けるショートトリップ①【コモ湖〜ベッラージョ】

ミラノから行けるショートトリップ①【コモ湖〜ベッラージョ】

PRO

ミラノから電車で約1時間で
来れる、コモ湖。


コモ湖からは
船に乗って
ベッラージョへ行きました。

たった1時間で、
都会ミラノとは違う、
風光明媚なロケーションと
ゆったりな時間が流れていて
癒されます。

【コモ湖】

【コモ湖とは】
コモ湖は、イタリアとスイスの国境近く、アルプスの麓に位置します。

コモ湖のリゾート地としての歴史は古く、ローマ皇帝たちが保養のために訪れていたり、
最近ではヨーロッパ随一の高級避暑地として、ジョージ・クルーニーも別荘を立てていることでも有名です。

【ミラノからコモ湖への行きかた】

①ミラノ中央駅からコモ サン ジョバンニ駅まで列車ECで約40分。
値段は忘れてしまいましたが、
調べると
ECの当日券は2等で13€、ネットでEconomyが9€みたいです。

②又は私鉄でミラノ北駅(地下鉄カドルナ駅)
からノルド線にて約1時間。コモ・ノルド・ラーゴ駅に到着。(5€)
こちらのほうが湖畔や旧市街のすぐ近くです。

③ポルタ ガリバルディ駅からS線
 コモ サン ジョバンニ駅に到着
 ・毎時39分に出発

④車で約30分

私はコモサンジョバンニ駅につく方で行きましたが、
駅から、旧市街や湖畔まで約800m,
約20分くらい歩きました。

まずは
【コモ大聖堂】へ。(写真1.2枚目)

コモのドゥオモはゴシック-ルネサンス様式だそうで、表面は大理石だそうです。バランスも美しい!

この後、
たまたま歩いていた通りにあった
雑貨屋さんに入ってみたら
とても安くて可愛くて思わず購入!
出だしから荷物が増えました。笑

たまたまSALEで写真のお皿全て購入しても
10€以下でした。

旅では予期せぬことが
起こることが面白い^_^
(写真3枚目)

雑貨屋は
【Maison Et Cadeaux】
住所:Via Armando Diaz, 21, 22100 Como CO, イタリア

という名前だったので
是非行かれてみてください^_^

それから
船乗り場まで歩きました。

少し歩いただけでもコモの雰囲気、
空気感がとても良くて
好きになりました!

【ベッラージョ】

船着場で
船のチケットを購入し、
コモ湖の真珠と呼ばれる
【ベッラージョ】へ。

コモ湖から船で
途中、色々経由しながら
約1時間で到着。

着いた途端に
空気が澄んでいて、湖から癒しの空気が漂っていました!

天気が良かったらアルプス
山脈も見えるみたいです^_^

湖畔で
カモを眺めたりしながら
癒されました。笑

過ごし方が老後。笑

【ベッラージョの街並み】

ベッラージョは
坂道や小道が多くて、
映画に出てきそうな
可愛い建物が多く、
どこをとっても画になります。

階段を上がりながら
気になるshopに入ったり、
ジェラートを食べたり、
楽しみました。

【shop】

お店のディスプレイもおしゃれで
高級感があって、見とれました。

コモ湖といえば、
【コモシルク】が有名で
ベッラージョには
コモシルクのお店がとても多かったです。

ヨーロッパの繊維市場においてのシルク製品はコモ産地のものが全体の約80%を占めているくらい
コモシルクは有名で、
世界中の有名なファッションデザイナーの洋服や、オートクチュールで使うシルク生地のほとんどはコモ産地で作られたものだそうです。

コモ湖周辺は空気・水がきれいで繊維の染色には最高の条件が揃っているみたいです。

私は4.5枚目のお店で
コモシルクのネクタイを
購入して帰りました。

【bar Rossi】

100年以上の
歴史を持つ
【bar rossi】へ。

船着場を降りてすぐの
アーケード内にあります。

時間がなかったので
最後に立ち寄って、
カフェラテを飲みました。

内装は重厚感があり、
とても渋くて歴史を感じました。

日本でも喫茶店派ですが、
色んな時代を重ねてきた
この重厚感は老舗じゃないと
出せないのでそこが
カッコ良いなと思います。

【flower】

ベッラージョを
歩いていると、
遊歩道も綺麗ですし、
至る所に綺麗な花が咲いているのが
目に入ってきます。

これがまた湖とマッチしていて
癒されます。

また、湖はお年寄りも多くて
客層も落ち着いていて癒されます。笑

【Hotel Florence】

写真では見たことあった
【hotel florence】の
このレストラン。

何が有名かというと、
5月頃は藤が綺麗に咲いて
ピンクのテーブルの上に
薄いパープルの藤が
ぶら下がり、
ピンクのテーブルと藤棚の
綺麗なコラボが見れるのです!

さすがにこのときは
9月末で藤はみれず、笑。
レストランも時間外で
やっていませんでした。

次回はこの時期にリベンジしたいです。

【sunset】

帰りの船は最終が
18時台でしたが、
最終で乗れなくなったらいけないので17時台の船に乗って帰りました。
行列がすごいので、
早めにいくことを
オススメします。

ベッラージョにいれたのは、
確か、約2〜3時間でしたが
コンパクトな街で
充分楽しめました。

帰りは夕日を眺めながら
帰りました。

コモ湖、ベッラージョは
自分が20代の時だったら
絶対にチョイスしなかった場所だ
と思いますが、
アラフォーになり
癒される場所を求めるようになった
今の自分に
ピッタリの最高の場所でした。笑

旅行者も御高齢の方も多く、
老夫婦の方達がとても
微笑ましかったです。

私も歳を重ねて、
おばあちゃんになったときに
また来たいと思った場所でした。笑

4
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

コメントするためにはログインが必要です。

ログインはコチラ

新規登録(約30秒)はコチラ

■この記事を書いたタビニスト

misa.style

2,429 views

プロタビニスト

海や自然が綺麗な場所、離島が好きです。

世界の建築を見たり、
大聖堂に行くのも好きです。

ガイドブックに載っていないような
場所を見つけて行くのも好きです。

プロフィール

関連記事一覧