• HOME
  • 投稿
  • PRO
  • 【ストックホルム・ヨーテボリ】ヨーロッパの日本!?スウェーデンの2第都市でのんびり過ごす里帰り旅

【ストックホルム・ヨーテボリ】ヨーロッパの日本!?スウェーデンの2第都市でのんびり過ごす里帰り旅

PRO

最近、ジワジワときている北欧旅行。

友達や私のパートナーの実家に帰る為に年に1度
は必ず訪れていますが、
実は、スウェーデンはヨーロッパの日本とも言われていてとても過ごしやすいんです!

というのも、日本人からすると少し適当であったりフレンドリーな人の多いヨーロッパですが、
スウェーデン人はどちらかというと真面目で人との距離感を大切にするお国柄です。
また、電車もほとんど遅れないのが私のおすすめポイント。笑

そんなスウェーデンの東京と大阪にあたる、
ストックホルムとヨーテボリでローカルの人のようにのんびりと旅をくつろぎながら過ごす
私の里帰り旅とスウェーデンのプチ情報を交えてご紹介します!

[ヨーテボリ] HAGA / 可愛い店の並ぶ旧市街

スウェーデンの大阪にあたるヨーテボリですが、
大阪と比べると街の規模はかなり小さく
徒歩でほとんどの場所へ行けてしまうコンパクトな街です。

ヨーテボリで1番の観光スポットは "ハーガ"

古くて可愛らしい作りの並ぶ商店街のような
ハーガでは、スウェーデン土産がgetできるのは
もちろん、Theスウェーデンな雰囲気が漂う
おしゃれなカフェではスウェーデン名物の巨大
シナモンロールをオーダーしてみてはいかがでしょうか?

スウェーデンには日本で言う3時のおやつにあたる
"フィカ" の時間ありますが、3時限らずフィカと
称して朝でも夜でも小休憩に甘いものを食べる
習慣があるのでスウェーデンではバーよりカフェが多い印象。

間違えなくこのハーガはカフェ巡り好きの女子が
興奮できる場所ですよ!

[ヨーテボリ] Havet / ランチにおすすめフードマーケット飯

海に囲まれているスウェーデンでは日本と同じく
シーフードの料理が多いので、生魚が恋しくなる
海外旅行あるあるはここではなりません。

ヨーテボリで定番のマーケット "Saluhallen Briggen" は室内にあるフードマーケットで例えるなら小レストランが並んでいるフードコートのよう。

はしごして全店回りたくなりますが、私の
おすすめなお店は "ハベット"

ここの看板メニューはサーモンとポテトを潰した
練り物のパンケーキ!
見た目は素朴だけど、ソースにはエビとロブスターソースがかかっていて一緒に食べると◎

スウェーデンの練り物もなかなかイケてますよ!

[ヨーテボリ] Trädgårdsföreningen / 散歩にも昼寝にも園芸協会公園

陽の長い夏にはスウェーデン人が外に群がります。笑

というのも、北欧は白夜の為
年間通すと太陽に会える時間が限られているので、天気の良い日はカフェやレストランのテラス席に驚くほど人が!

ヨーテボリ中央駅から歩いていける場所にあり、温室園などもある "園芸協会公園" には
散歩をしに来たり、芝の上で昼寝をしている人が多いのでスウェーデン人を見習って太陽の下でまったりしてみては?

[ヨーテボリ] Taco&Tequila / ヨーテボリ1美味しいメキシカンレストラン

実はスウェーデンは、ヨーロッパの中でドイツに
続く移民難民の受け入れの多い国で言うならば
見た目がスウェーデン人じゃないスウェーデン人がとーっても多いんです!

私もスウェーデンにいる時はスウェーデン人と間違われて、お店に入れば100%スウェーデン語で話しかけられるし
ヨーロッパ独特の "あ、アジア人だ" って差別の目で見られないのが私は居心地が良くて好きなポイント。

なので、色々の国籍の料理のレストランが多く
スウェーデン人はあまりスウェーデン料理を食べてないかも。

おしゃれな若者が集まるメキシカン料理のバーレストラン "Taco&Tequila" はヨーテボリで
1番のタコスが食べれると話題のお店。

古くて趣のあるマンションのピロティに机を並べたようなテラス席に、リノベーションしたおしゃれな店内で気分もあがります。

ここで私がおすすめなのはスパイシープレートとフローズンマルガリータ!

本格的なタコスの味にマルガリータはさいこう♡

[ヨーテボリ] Sega Gubben / スウェーデンのGodisをtryしてみて

"HAGA" で、スウェーデン人の3時のおやつ
"フィカ" を紹介しましたが、フィカの定番
"Godis" は必ずtryしてほしいお菓子!

Godisというのはスウェーデンのグミ。
ただ、スウェーデン人のGodisへの愛は異常で
子供から大人までGodisを好む、もはや国民食!

スウェーデン国内では必ずと言って良いほど、
コンビニやスーパーでもGodisコーナーがあり、
このようなタイプのどこを見渡しても
Godisだらけのお店は珍しくはないのですが
ヨーテボリ1の種類が
豊富なこの "Sega Gubben" が私のおすすめ!

私は何度来ても、この子供の時の夢のような
お菓子に囲まれた店内に大興奮です。

[ストックホルム] Vete Katten / 90年続く老舗パティスリー

ここからは首都ストックホルムへ。

ストックホルムで最も有名な老舗パティスリー
"Vete Katten" での "フィカ" タイムはいかがでしょうか?

私はスウェーデンの伝統菓子 "セムラ" を食べたくて来ましたが、残念ながら12月のみの販売。

ですが、せっかく来たから何か食べるか。と
オーダーしたホワイトチョコとラズベリーと
友達がオーダーしたクラシックプタペストケーキ
が絶品!!

今まで食べた美味しいケーキランキング
3強入りは堅い美味しさで大満足でした!

[ストックホルム] Kajsas Fisk / 並んででも食べたい魚スープ

先程のパティスリーに程近いストックホルム中心
のフードマーケットの地下にある
"Kajsas Fisk" も逃せないお店。

なぜなら、並んだりする待ったりするのが
あまり好きじゃないスウェーデン人が並んででも
食べたくなる絶品魚スープが味わえるんです!

私も食べる前は、人気といっても市場で売ってる
魚スープが1200円もする?って思ってたけど、
病みつきになるコクがあるスープに具沢山でお腹がいっぱいになること間違えありません。

なめてました。笑 ご賞味あれ!

[ストックホルム] Gamlastan / あのノーベル賞受賞式が行われるのはここ

ストックホルムといえばガムラスタン!という
イメージの方も多いのではないでしょうか?

ここが北欧のベニス、魔女の宅急便のモデル
あのノーベル賞の受賞式が行われるストックホルム市庁舎のある場所なんです!

ちなみに、スウェーデン語でガムラは古い
スタンは街で名前通りの古い街でもあり島は
どこを歩いても可愛らしい建物とお店が並んでいます。

ぷらーっと歩いて、ピンと来たカフェで
"フィカ" をして友達や家族と週末のんびり過ごすのがスウェーデン流。

自分のお気に入りのお店を見つけてみてください♡

[ストックホルム] Restaurang Tradition / スウェーデンに来たらミートボールを食べましょう

スウェーデン料理で唯一世界的に有名な料理は
ミートボールではないでしょうか?
IKEAのイメージが強いですよね。笑

ガムラスタンにあるスウェーデン料理屋さんの
"Restaurang Tradition" で本場スウェーデンの
ミートボールを食べてみてください。

見た目が少なそうに見えますが、スウェーデンの
ミートボールは肉肉しくてこれくらいあれば
男性でもお腹いっぱいになります。

そして、必ず付け合わせにはマッシュポテトと
リンゴベリーのリンゴンジャムが。
(私は毎回、"これ、潰してないんだからリンゴンジャムじゃなくてただのリンゴンだよね" とスウェーデン人に反論する面倒くさい奴です)

初めて食べる方には抵抗があるかもしれませんが
このリンゴンベリーとミートボールの相性は
抜群!是非一緒に食べてみてください!

[ストックホルム] Sommarstuga / スウェーデン流サマーハウス

今回は友達がストックホルム市内から2時間程
車で行った所に、日本で言う軽井沢の別荘の
ようなサマーハウスを借りてくれたので週末は
のどかなスウェーデンライフを体験することに!

湖畔にあるビンテージハウスに北欧お馴染みの
サウナハウスも!ああ、完璧な週末!

恥ずかしながらこの日が私のサウナデビューで
90°の部屋なんてとてもじゃないけど入れない。
と思っていましたがそれどころではなく
風邪と熱でコンディションは最悪。

迎え酒(違う)と称し昼間からビールを飲みまくり
挑んだ人生初めてのサウナは風邪の冷えはすぐに
なくなって、体が温まったら湖に飛び込んで
凍えてまた戻る。

これぞ北欧!なサウナデビューはとても楽しい
かったですが、みなさんは風邪ひいてる時に
90°のサウナの中でビール飲まないでください。

朝方、体調が急変してトイレから出られなくなります…

それも、今思えば楽しい思い出!!
スウェーデンに来たら、1泊2日だけコテージを
借りてローカルスウェーデンライフを体験する
のもアリ!!

初めての北欧はスウェーデンへ!

いかがでしたか?

スウェーデンの定番スポットから、他の人のコラムやブログには書かれていないような本当のローカルなスポットも紹介してみました!

北欧は全て治安もよく、差別の目もなく安心安全
で旅をできるので初めての1人旅や女子旅にも◎

ちなみに、スウェーデンの夏は8月でも16〜25度程で日本人からすると過ごしやすい夏の陽気で
陽が沈むのは大体11pm〜3pmの間だけで全く暗くなりません。(すごく違和感)

その分、ゆっくり過ごしても1日を無駄なく楽しんだ気持ちになれる夏がおすすめ!

是非、来年のお盆に訪れてみてはいかがでしょうか♡

1
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

コメントするためにはログインが必要です。

ログインはコチラ

新規登録(約30秒)はコチラ

■この記事を書いたタビニスト

NIA

5,171 views

プロタビニスト

自身でもインフルエンサーマーケティングを職とする、インスタグラムのスペシャリスト国内外の企業やブランドとコラボし、トラベルインフルエンサーとしてファッション・フード・旅行 を世界に発信している


海外渡航歴はアジア・ヨーロッパを主に20カ国40都市以上
パートナーがスウェーデン人ということもあり、里帰りも含め年に数回は海外旅行へ
旅行はツアーを使わず、現地で人気のスポットを様々な言語で調べ上げ5分単位で予定表をつくるオタク気質な一面が

プロフィール

関連記事一覧