• HOME
  • 投稿
  • PRO
  • 【船内編】憧れの!カリブ海クルーズ【MSCクルーズ】

【船内編】憧れの!カリブ海クルーズ【MSCクルーズ】

PRO

一生に一度で良いからいつか行ってみたいと
思っていたカリブ海クルーズ。

実際に行ってみると
大金持ちの世界だと思っていたけど
実は学生の私でも参加できる気軽さで、
だけど、憧れていたキラキラの世界は本物でした。

なんとなく敷居の高いイメージの
カリブ海クルーズについて
複数記事のシリーズで詳しく伝えていきます。

2回目は、「クルーズ船での様子」
についてです!

乗船したのはMSCクルーズのMSCSeaside
という船で、期間は7泊8日間です。

客室

客室のタイプは大きく分けて4つあります。
(下に行くほど料金が高い)
・内側(窓なし)
・オーシャンビュー
・バルコニー付き
・スイート(ただしスイートにも複数ランクあり)

飛行機の座席のようにそれぞれのタイプの中で
客室を選べるのが基本です。
しかし、私たちは安いプランにしたので
選べず、直前まで部屋がわかりませんでした。

安いプランなので当然内側の窓なし客室
だと思っていたのですが、
通されたお部屋はバルコニー付の客室でした。

乗船していた他の方達も結構アップグレード
されていたので、おそらくMSCクルーズは
客室が空いていれば
良いお部屋に通してくれると思います。
その為、特別なこだわりがなければ
安いプラン/客室を予約して
アップグレードを期待するのもアリだと思います。

客室の様子はこんな感じです。

16㎡程度のお部屋と聞いていたので
二人分のスーツケースを置けるか不安でしたが
収納が十分にあり思っていた以上に
使いやすかったです。

客室の壁は鉄でできているので、
マグネット付のJフックを持っていくと
カバンなどを掛けられて便利でした!

食事

【ブッフェレストラン】

船内には24時間開いている
ブッフェレストランがあり無料で利用できます。

味は、特別なわけではないけれど
十分美味しかったです。
ブース毎に担当者がいるので
無くなってしまった料理はすぐに追加されるし
冷めてて美味しくないなんてことも
ありませんでした。
日本だとお高いチーズやナッツを
毎日たくさん食べられたので私は大満足でした♪

【オーダー式ブレックファスト】

朝ごはんは、ブッフェとは別に
オーダー式で好きなものを頼める会場もありました。

朝のブッフェ会場は、混沌としていますが
ここでは綺麗に盛り付けられたお料理を
ゆっくり静かに楽しむことができます。

こちらも無料で利用できてびっくり!
私はブッフェの朝食よりも断然こっち派でしたが
利用できると気がついたのが遅く
1回しか利用してません...
もっと早く気がつきたかった!

【ケーキバイキング】

ブッフェレストランで
イベントとしてケーキバイキングを
行なっている日もありました。

せっかくなので
日本ではなかなか見かけない
カラフルなケーキを食べました!

【夕食のコース料理】

夜ご飯は、17:30~/19:30~/21:30~
の3グループに分けられてコース料理です。

アミューズ、オードブル、メイン、デザートから
自分の好きなものを選びます。(日本語メニューなし)
それぞれから1つずつではないので、
例えばデザートを2つ頼むこともできます。
一皿あたりの量が多いので、オードブルを飛ばして
3皿だけオーダーなども可能です。

お味は、
美味しいものはすっごく美味しいのですが
全部食べきるのがきついものもありました...
(味が不味いというよりは、それほど美味しくなく
量が多い為きつい)

ちなみに、夜の時間もブッフェレストランは
開いているので、コース料理が好きでない方や
指定された晩御飯の時間が早すぎ/遅すぎで
小腹が空いた時にも利用できます。

MSCクルーズはルールが緩い印象でしたが、
このコースの時間に遅れることだけはとても厳しかったです。
時間に遅れると、会場のドアが閉められ入れてくれません!
遅れないように気をつけましょう。
(もし万が一遅れてしまった場合には、
スタッフに相談すれば次の時間に入れてもらえます。)

【ドリンクパッケージ】

カップのお水やコーヒーは
ブッフェレストランで無料で貰えますが
ボトルのお水やアルコール。ソフトドリンクなどは
追加料金が発生します。

ドリンクパッケージをつけることで
それらが飲み放題になります。
パッケージにも
・6ドル以下の飲み物が無料
・全ての飲み物が飲み放題
など複数の種類があります。

ドリンクパッケージは乗船後も
申し込めますが、その際は値段がかなり高いので
クルーズの予約時に一緒に申し込むのがオススメです。

クルーズカード

乗船中はクルーズカードが最も大切な貴重品になります。

クルーズカードは例えば以下のことに使われます。
・部屋の開け閉め
・バーやショップでの支払い
・寄港地で乗り降りする際のチェック

このように鍵/クレジットカード/ID
全ての役割をクルーズカード1枚で行います。

専用アプリ

乗船中の支払いは全てクルーズカードで行い、
基本的には乗船後連携させたクレジットカードで支払います。
その利用状況をMSCクルーズの専用アプリで確認できます。
(覚えのない決済があった時にレセプションで
すぐに確認修正してもらえました。)

このアプリは他にも
・広い船内で迷わないようマップと位置情報
・船上のwifiは有料ですがwifiなしでも
ゲスト同士が連絡を取れるよう簡易的なメッセンジャー
・船で行われているイベントの確認&リマインダー
など様々な機能がありとても便利です。
乗船前に必ずダウンロードしておくことをお勧めします。

船内新聞

毎晩、船内新聞が配布されます。

翌日の
・寄港地の情報
・船内イベントのタイムテーブル
・ドレスコード
などが記載されています。

エンターテイメント

クルーズ中は様々なエンターテイメントが
用意されていて暇な時間が全くありません。

日中はダンスや工作のレッスン
夕食後は劇場での芸やオペラのショー
夜はパーティ などが無料なので(一部有料)
好きな事はもちろん、
興味はあるけど普段挑戦できない事をして
たくさん楽しむことができます。

8日間のクルーズで寄港地に寄らない
終日クルーズ日が2日ありましたが
私はその日が一番楽しかったと思うほどです。

また、下船間近にはショップでもイベントが行われ
例えば、1つ60$の時計が3つで60$になるなど
凄まじい叩き売りが行われていました!笑

船内施設

船内には複数のバーやジム、カジノまであります。
バーの飲み物、カジノの掛け金は別途料金がかかります。
(上で挙げたドリンクパッケージをつけていれば
どこのバーでも利用することができます。)

また、最上階のデッキには
プール、ウォータースライダー、
ジャクジーやジップラインもあり
エンターテイメントに参加しなくても
楽しい施設がたくさん揃っています。

ドレスコード

クルーズ中はほぼ毎日ドレスコードがあります。
(ホワイト/70'S/フォーマル/フラワー など)
どんなテーマかは、上で挙げたMSCのアプリで
事前に調べていきました。

私は毎晩ドレスコードに従っていましたが、
その中でも一番張り切ったのがクルーズ中
2日間あったフォーマルナイト!!
結婚式に参列するようなドレスを着ている方が
多いですが、私はロングドレスも着ました。

ロングドレスを着る機会なんて
これまでなかったので、
ハロウィンの仮装気分でドレスを着て
船内の豪華なスワロフスキーの階段で
たくさん写真を撮りました♪

ちなみに、ドレスコードは必須ではなく
全く気にしない方も一定数いるので
規定に沿っていなくても問題ありません。
義務ではなくみんなで揃えて楽しもう程度です。

(おまけ)更に楽しむために...

以上、クルーズ船での様子を書いていきました。
最後におまけですが、
私的 船内ライフを更に楽しくする方法を紹介します。

それは...

クルーと仲良くなること!! です。

MSCクルーズのクルー達は
みんなフレンドリーで優しいですが、
是非それに対する感謝を追加のチップや
態度、笑顔で示してください。
そうすればクルーは完璧以上のサービスを
提供してくれるはずです!

また、一人でもイベントやバーに行ったり
よく会うクルーに積極的に話しかけたりすることも
是非してみてください!
きっと、クルーとゲスト以上の友達になれます。

私は今回のクルーズで
MSCクルーズが大好きになりましたが
その最大の理由は、
優しく明るいクルー達です♪

9
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

コメントするためにはログインが必要です。

ログインはコチラ

新規登録(約30秒)はコチラ

■この記事を書いたタビニスト

__matrip

418 views

プロタビニスト

バイト代は全部旅行に消えてしまうほど旅行が生きがいな大学院生。
特に、海と美味しい食べ物を求めて旅行してます♡


■ MAKO
■ コスパ至上主義トラベラー
■ 初心者ダイバー

マレーシア、ブルガリア留学を経て旅に魅了され
2019年9月現在44カ国を訪問。

お金はないけど旅行がしたい!そんなことを考えながら旅行するうちにコスパ旅行が趣味になりました。
最近は、ホテルの上級フロアステイやクルーズ旅など
非現実的な優雅旅行をどれだけコスパ良く行くか奮闘してます!

プロフィール

関連記事一覧