• HOME
  • 投稿
  • PRO
  • クラシックな街♡ロシア・モスクワをオススメする理由

クラシックな街♡ロシア・モスクワをオススメする理由

PRO

"クラシックなヨーロッパの雰囲気"、"おとぎ話やテーマパークの世界観"のある国へ行きたい方へ私が1番オススメしたいのは、イギリス・ロンドンよりもフランス・パリよりもロシア・モスクワ!!なぜロシアがオススメなのかを解説し、モスクワの見所を紹介していきます。

ロシア・モスクワについて

モスクワはロシアの首都で1250万人以上(wikipediaより)の世界有数の大都市です。広大なロシアの西側、ヨーロッパ寄りに位置しています。モスクワは12世紀ごろから歴史を持つ都市で、ソビエト時代にサンクトペテルブルクに首都が移された200年間を除いてほぼずっとロシアの中心都市となっています。クラシックな街並みが今でも残っているのが特徴。

モスクワがオススメな4つの理由

1:日本から近い

日本からモスクワまでは約10時間。ヘルシンキまでが約10.5時間、ロンドンまでが約12時間半、ローマまでが約13時間なので、モスクワは日本から最も近いヨーロッパの首都と言えます。

日本からはアエロフロートとJALの直行便が飛んでいます。2020年からはこの2つの航空会社の連携が始まります。JALの飛行機もモスクワ市内からよりアクセスの良い「シェレメチェボ空港」を使用するそうで、モスクワは今後ますます日本から行きやすい都市になると考えられます。

2:人が優しい

ロシアに行ってみて一番驚いたことは、とにかく人が親切なこと!!若い人以外英語はあまり通じませんが、ロシア語がわからなくても嫌な顔は全くされませんでした。それどころか、ロシアの人々は積極的に助けてくれました。例えば駅で乗り換えに戸惑っていると駅員さんがすぐに話しかけてくれ教えてくれました(英語は通じないので指差し会話)。私が寝台電車にパスポートを忘れてしまった時も、電車のスタッフさん全員で連携して探してくれてとてもありがたかったです。

世界の国によっては、自ら近づき話しかけてくる親切な一般人は、実は後で騙してきたりチップを請求してきたりすることもあるので警戒が必要です。しかし、ロシアの場合は駅員さんなど制服を着てお仕事をしている方が話しかけてくれたので、安心して助けを求められました。

3:ご飯が美味しい

国土が広いロシアでは美味しい食材がたくさん採れます。寒い気候に合わせた魚介や根菜の煮込み料理、いくらやサワークリームなど特産物を使用した料理、種類豊富な穀物料理など様々な食材を様々な料理で楽しめます。

しかし、私がロシア料理を美味しいと感じる1番の理由は食材の豊富さではなく、"ダシ"の効いた料理が多いから。これまで訪れた欧米の国の料理は、日本や他のアジアに比べてダシの美味しさを感じることが多くありませんでした。しかし、ロシアの多くの料理はダシが効いていて、料理の美味しさをより引き出していました。

特に、ボルシチ、サリャンカ、ウハーなどダシの効いたロシアの伝統的なスープ料理はどれも絶品です。

4:物価が高すぎない

モスクワの物価は、同じようにクラシックなヨーロッパの雰囲気が味わえる西欧の大都市に比べて安い印象でした。もちろん大国の首都なので東南アジアや東欧に比べれば高いですが、バジェットトラベラーでも旅行しやすいと感じました。参考までに、かかった主な費用は以下の通りです。

・ホテル(赤の広場まで1.5km、専用バスルーム付き20㎡の部屋、2名利用)
RUB2,750(約4900円)
・交通(地下鉄・バス・トラム等乗り放題1日券)
RUB230(約410円)
・食事(一般的なレストラン)
約500~800円程度

モスクワの見所5選

1:赤の広場

モスクワの中心「赤の広場」。クレムリンや聖ワシリイ大聖堂などもここにあり、ヴァスクレセンスキー門からゲートを通って広場へ入るとそこは完全にテーマパークの世界!73,000㎡もの広さで世界文化遺産に登録されています。そこに立っているだけでワクワクが止まらない広場です♡

聖ワシリイ大聖堂は赤の広場から写真を撮ると、観光客,木や周辺の建物が沢山写真に写り込んでしまいます。大聖堂の正面から左側にある道を通って、裏側に行くと駐車場があります。そこは人が少なく、また、少し下がった位置から大聖堂が見られるので、障害物も写り込まず写真の撮れるオススメスポットです。

【場所】Красная площадь/ Kremlin and Red Square
【住所】Red Square, Moscow

2:グム百貨店

赤の広場内にある「グム百貨店」。1893年にヨーロッパ最大のショッピング・アーケードとして建てられました。長さ200mに及ぶ吹き抜け天井の建物内にはハイブランドが並び、オペラが流れていて、これぞまさに高級百貨店。

グムの中ではクラシックな制服の売り子さんたちの前に行列ができています。大人から子供までみんながこぞって買っているのは、スカタンチク(Стаканчик)と呼ばれるコロッとしたシルエットが可愛いロシアの定番アイスクリーム。濃厚な味で、なんと、世界一美味しいアイスクリームと言われることもあるんだとか。1つRUB100(約180円)で販売されています。

【場所】ГУМ
【住所】Red Square, 3, Moscow

3:イルミネーション

冬のモスクワは至る所にイルミネーションの飾りづけがされています。赤の広場や有名な観光スポット周辺はもちろん、中心部から離れた普通の道路にもイルミネーションがたくさん。

私が訪問したのは3月でしたが、クリスマスツリーも飾りづけられていました。3つ目の写真はクリスマスマーケットではなく、春を祝うお祭りだそう。ちなみに、2020年は2/24〜3/1に開催予定です。

4:地下鉄の駅

モスクワの地下鉄、特に5号線の駅(ホーム)はどれもまるで美術館かのように美しい。暇と1日乗車券を持て余した私たちは、5号線の全ての駅で降りるという遊びをしました。全12駅のうち特に美しかった3つの駅を紹介します。

ノヴォスロボツカヤ駅(Новокузнецкая)
この駅はホームの壁に飾られたステンドグラスが美しい。

コムソモリスカヤ駅(Комсомольская)
こちらは、黄色の壁と白や金の彫刻のコントラストとシャンデリアが映えていてまるで宮殿のような地下鉄のホーム。

ベラルースカヤ駅(Белорусская)
一方こちらは天井に絵が書かれています。特にロシアの民族衣装の絵が描かれたものが私のお気に入り。

5:ロシア料理店「Marivanna」

最後にオススメしたいのはお気に入りのロシア料理のお店「Marivanna」。人気店のようで、モスクワ訪問初日に行ったら満席で入れず。その場で予約して次の日に再挑戦しました。(お店のマネージャーさんは若い女性の方で英語が話せたので問題なく予約できました。)

店内や食器がとっても可愛い♡ここのいくらとサワークリームのブリヌイ(ロシアの定番料理で薄いクレープ)がとっても美味しかったのでぜひ食べてみて下さい。

【場所】Mari Vanna
【住所】Spiridon'yevskiy Pereulok, 10a, Moscow, Russia 123104
【時間】9:00〜23:00
【URL】https://en.ginza.ru/msk/restaurant/marivanna

5
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

コメントするためにはログインが必要です。

ログインはコチラ

新規登録(約30秒)はコチラ

■この記事を書いたタビニスト

__matrip

2,043 views

プロタビニスト

バイト代は全部旅行に消えてしまうほど旅行が生きがいな大学院生。
特に、海と美味しい食べ物を求めて旅行してます♡


■ MAKO
■ コスパ至上主義トラベラー
■ 初心者ダイバー

2019年9月現在44カ国を訪問。

お金はないけど旅行がしたい!そんなことを考えながら旅行するうちにコスパ旅行が趣味になりました。
最近は、ホテルの上級フロアステイやクルーズ旅など
非現実的な優雅旅行をどれだけコスパ良く行くか奮闘してます!

プロフィール

関連記事一覧