【閲覧注意】メキシコの呪われた”人形島”

PRO

世界文化遺産に登録されている街「ソチミルコ」。
その中にあるオカルトで有名な呪われた島「人形島」へ行ってきました。(2018年)
行くと呪われるとかなんとか…。知らんけど。
そこは、鳥肌が立つ程の光景と悲しい背景がありました。

※気味の悪い写真が沢山出てきます。

人形島への行き方(ざっくり)と注意

メキシコシティから約30キロ南にある世界遺産の街「ソチミルコ」。
その「ソチミルコ」の街から出ている遊覧船に乗ると「人形島」に行けます。

メキシコシティからソチミルコへは電車でも行けますが、ソチミルコ駅から遊覧船乗り場まで少し歩きそうだったので直接タクシーで行きました。

「Pier Fernando Celada」が遊覧船の乗り場です。Googleマップで調べると出てきます。

遊覧船は船を時間制で貸し切るタイプです。
※ぼったくりに注意

人形島へは片道1時間半かかるので
3〜4時間貸し切ると良き◎
(金額は忘れちゃいました。)

※偽物の人形島に連れて行こうとする舟漕ぎもいるので注意。
本物と偽物の違いは後ほど。

割と長時間なのでお菓子や飲み物を持って行くといいと思います★

レッツら★人形島

遊覧船に乗り、のどかな湖をゆっくり進んで行きます。
とても今から世界大7禁断地に行くとは思えないほどのんびりで気持ちが良き◎

水草だらけの所も進んで行きます。
とても優雅な時間。

遂に"人形島"へ

約1時間半ぐらいで「人形島」が見えてきました〜!
島には管理している?おじさんがいました。
そのおじさんに入場料として50ペソ払います。
そして遂に「人形島」に上陸!

入るとそこは人形がありとあらゆる所に置かれていたり、くくりつけられています。
子供の人形だらけ。
焼けた物や、無残に手足が取られている人形や、わざとらしく首だけ飾っていたり…。怖

首吊り見たい…。

木の上の方までしっかりと…。

ここ雰囲気やば。

ガキ使いで出てくるやつ…?

ウッディがこんな所で…。

布団をめくる勇気はなかった。

人形島を作った男性

ここの近くに不可解な事件が起きる湖があったそうです。
その湖に一人の女の子が溺れていた所をドン・ジュリアン・サンタナさんという男性が発見し助けようとしました。
が、サンタナさんは女の子を助ける事が出来ず溺れていた女の子は亡くなってしまったようです。
女の子を供養する為にサンタナさんは取り憑かれたように人形をたくさん集めては島に飾り続ける事50年…。
サンタナさんは女の子が溺れていた同じ場所で溺死した状態で発見されたそうです。つら

そんな悲しい事件があった「人形島」。

偽物の人形島に注意

帰りに舟漕ぎのおじさんが偽物の人形島に連れて行ってくれました。
明らかに雰囲気がなく、後から作った感と人形が割と綺麗なのですぐにわかると思います。
時短でこっちに連れてこようとする舟漕ぎの人も居るみたいなので注意が必要です。

Googleマップで「Island of the Dolls」と出てくる所が本物の人形島です。
それ以外は偽物なのでマップを見ながら行くといいと思います!

最後に

メキシコは色んな景色や素敵な観光地が沢山ありますが、あえてこういうオカルトスポットに訪れてみては!こういった観光の楽しみ方もあるはずです♩面白半分で行く所ではないのかもしれませんが…。私は霊感やスピリチュアルな感覚が皆無なので霊的な物は何も感じませんでしたが、明らかに雰囲気は凄かったです!そして夜は絶対に怖そう。メキシコシティから割と行きやすいので近くに来られた方は是非、"人形島"の不気味な雰囲気を体感してみて下さい★

0
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

コメントするためにはログインが必要です。

ログインはコチラ

新規登録(約30秒)はコチラ

■この記事を書いたタビニスト

RYOKO

2,208 views

プロタビニスト

自由気まま、最速のマイペースに生きてます。


OSAKA在住
2017.09〜2018.06
世界一周バックパッカーしてました。
その時の体験やこれからの旅行など
自分なりに発信、アウトプット出来たらと思います。
ゆるめにヨロスコです。

プロフィール

関連記事一覧