• HOME
  • 投稿
  • PRO
  • まるでアラジンの世界?!ドバイの旧市街地を散策♡

まるでアラジンの世界?!ドバイの旧市街地を散策♡

PRO

ドバイと言えば、きらびやかな建物が立ち並び眠らない街としてキラキラしているイメージをお持ちの方も多いのでは?けれどそんなきらびやかなイメージとは別に、ドバイには古き良きドバイの雰囲気が残る”オールドドバイ”と呼ばれる地区もあるんですよ☆
今回はモダンな雰囲気が残る、”オールドドバイ”をご紹介♡

「オールドドバイ」って?

「オールドドバイ」・「ドバイ旧市街地」として呼ばれる地区は、かつて交易が栄えたドバイ・クリークを中心とした地区のこと。ドバイは「THE近未来都市!!」というきらびやかなイメージが強いかと思いますが、こちらの地区はそのイメージとは一変、エキゾチックなアラブの雰囲気が感じられますよ♪

赤丸で囲ってあるのがおおよそ「旧市街地」と呼ばれる地区のことです。

ドバイの旧市街地である「アル・ファヒーディ歴史地区」へは、ブルーラインメトロの「アル・ファヒーディ駅(Al Fahidi)」から徒歩10分程。ドバイはタクシーの値段が日本と比べて安いので、タクシーで向かっても◎

”オールドドバイ”地区のおすすめのカフェ

”オールドドバイ”と呼ばれる、「アル・ファヒーディ歴史地区」にある「Arabian Tea House Restaurant &Cafe」がおすすめ。
お店の雰囲気がとっても可愛く、連日人気のカフェなんです♡伝統的なアラブ料理を頂けることも、こちらのカフェが人気の理由。

「Arabian Tea House Restaurant &Cafe」は営業自体は夜の12時までやっているのですが、モーニング〜ブランチが人気。モーニングは朝9時〜9時半頃までにお店に着くように訪れれば、並ぶことなくゆっくりモーニングができます◎

「アル・ファヒーディ歴史地区」を散策♪

「アル・ファヒーディ歴史地区」は歩いているだけでも楽しい!普段日本では見れない、まるでリアルアラジンのような世界が広がっているんですよ…♡

一見の価値アリな、珍しいスターバックスを発見!アラビアンな外観がとっても可愛い♡旧市街地の外観に馴染むように、と外観が工夫されたのだとか。

スターバックス以外にも、「アル・ファヒーディ歴史地区」には外観に一目惚れしてしまう建物がたくさん。是非リアルアラジンの世界を堪能してみてください♪

川を渡ってスークへ!

「アル・ファヒーディ歴史地区」から船に乗り、「ドバイ・クリーク」を渡ると「スパイス・スーク」や「ゴールド・スーク」・「オールド・スーク」をはじめとしたいくつかのスークがありますよ。「スーク」とは市場のこと。お買い物天国です♪(笑)

水上タクシーとも呼ばれるこちらの船の乗車料金は2ディルハムと、とても良心的な価格。(2019年11月1日時点)1ディルハムは日本円で約30円なので、日本円で約60円!

旧市街地のスークでショッピング♡

川を渡った先にある、いくつかのスークにはそれぞれ特徴があります。
「スパイス・スーク」ではアラブならではの、日本ではなかなか手に入らないようなスパイスがたくさん☆歩いているだけで異国情緒溢れるスパイスの香りがそこら中に〜!

各スークは歩いていける距離にありますよ。
またスークでお買い物する際は、是非”値引き交渉”にチャレンジしてみて下さい☆まとめてモノを買うときには、安くしてもらえる可能性アリ!!
お店の人に迷惑がかからない範囲で、値引き交渉してみくださいね◎

クッションカバーやラグなどは、安くて可愛いものがたくさん。お土産にもぴったりですよ♪

オールドドバイを楽しんで♡

いかがでしたか?近未来なドバイも美しくエキサイティングですが、どこか懐かしさの溢れる”オールドドバイ”にも魅力がたっぷり詰まってるんです☆
ドバイを訪れた際には是非、ドバイの旧市街地にも訪れてみて下さいね◎

0
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

コメントするためにはログインが必要です。

ログインはコチラ

新規登録(約30秒)はコチラ

■この記事を書いたタビニスト

Rio

1,239 views

プロタビニスト

とにかく旅が好き!
1人でも友人とでも、時間があればすぐ旅に出掛けるリーマントラベラーです◎
特にタイが大好きなのでタイを中心に、皆様に「行きたい!」と思って頂けるようなスポットをご紹介します♡

プロフィール

関連記事一覧