• HOME
  • 投稿
  • PRO
  • 【シェムリアップ】コロナ終息後はカンボジアへ!!アンコールパスでアンコール遺跡を探検しよう!!

【シェムリアップ】コロナ終息後はカンボジアへ!!アンコールパスでアンコール遺跡を探検しよう!!

PRO

カンボジアといえば!海外旅行といえば!な観光地・世界遺産の世界遺産のアンコールワット。

アンコールワットはシェムリアップにあるアンコール遺跡の1つなのですが、入場に必要なアンコールパスを購入すればアンコールワットだけでなく、世界遺産に登録されている62ヶ所のアンコール遺跡の見学ができちゃうんです。

ちなみに、アンコールパスは1日券で$37/3日券で$72と、とても見る価値のある遺跡ばかりではありますがなかなかのお値段。

近い遺跡であれば2〜3ヶ所の遺跡を回れますが、私のおすすめは是非3日券を購入し
市内にあるアンコール遺跡1日と市外にあるアンコール遺跡1日、2日で遺跡を巡るプランがおすすめ!

今回は、コロナ終息後に是非訪れてほしい!私が2日間で訪れた4つのおすすめアンコール遺跡をご紹介します!

1. Angkor Wat / アンコールワット

まず初めはみなさんご存知アンコールワット!!

アンコールワットはアンコール遺跡の1つであることをお話しましたが
そもそもアンコール遺跡が何かというと、クメール王朝時代に築かれた寺院や建築物のことで、今のカンボジアの基盤となったカンボジアの国の歴史が詰まった遺産の数々のこと。

アンコールワットを中心にシェムリアップの東西南北様々な遺跡があり、1992年にアンコール遺跡として62カ所の遺跡がユネスコの世界遺産に登録されています。

さあ!待ちに待った憧れのアンコールワット!
いざ、橋を渡ってみましょう!

実はアンコールワット内は地図で見ると真四角で、日本でいうお城や古墳のように中心の敷地のまわりは水で囲まれています!
 
そして、左右対象のシンメントリーということでも有名ですが、そのせいでアンコールワット内の彫刻などもシンメントリー。

せっかくのアンコールワットだからと全てゆっくり周っていましたが、自分がどこへ行って、どこへ向かおうとしていたのか、方向感覚を奪われます…。笑

とはいっても、壮大なアンコールワットはさほど広大ではありません。
アンコールワットだけであればゆっくり見ても2〜3時間で満足できるはず!

アンコールワットでの朝日と夕陽は時期に合うと、とても綺麗だと有名ですが、私は混雑が嫌いなのと自分も写真に入ってとれる時間が良かったので日中に。

正午前後だと日差しの強いカンボジアでは逆光になってしまうそうで、少し陽のおさまった15時頃で訪れてみましたが、人も多すぎずちょうど良かったと思います!

ゆっくり見学したい方にはおすすめです。

2. Angkor Thom / アンコールトム

次に訪れたのはアンコールワットの後ろにあるアンコールトム。

後ろといえども、1つ1つの遺跡の移動は徒歩では厳しいです。
私はトゥクトゥクを取りましたが、運転手さんは観光客なれしてるので写真スポットではわざわざ止めてくれます◎

こちらがアンコールトム!

ちなみに、アンコールトムはアンコールワットの6倍くらいの土地で、同じく周りは水で囲まれているのですが、アンコールトム自体は建物が1つなので小さめ。

地元の方も訪れるような寺院のようで「ハロー!」とたくさん声をかけられました♡

まるで映画のセットみたいな遺跡は歩いても歩いても造られたように思えてきます。

日本で見れないものをみるのが海外旅行の醍醐味だとは思いますが、アンコール遺跡は他の国では見れない美しさがあって、たった1日で虜になりました!

3. Beng Mealea / ベンメリア

アンコール遺跡探検2日目!
はじめに訪れたのはシェムリアップ市内からタクシーで1時間半〜2時間ほどかけて行くベンメリア。

あのラピュタのモデルになったとネットでは言われていますが、ラピュタが上映された時にまだベンメリア遺跡は公開されていなかったそうなのでラピュタのモデル説はデマ。

と言っても、どうみても天空の城!!!!!笑

このベンメリア遺跡を歩いてると、タイのアユタヤでも見た壊された遺跡を思い出して、未完成なものの方が美しいと思うかも!?
なんて考えながら探検していると、石で作られた遺跡の中から見たことのない巨大な大木が突き抜けていたり、自然を不思議だと感じるポイントがたくさん。

私が訪れたのは2月でコロナウイルスが中国で大きく影響してきたり、ダイアモンドプリンセスでの感染が広がってきた頃だったので
中国からの観光客はほとんどゼロ。

いつもはどの時間も混雑しているそうですが、2時間ほどでコロナの影響が20人しか会わなくて、聞こえるのは葉の擦れる音や鳥の鳴き声だけ。

市内から離れているので、半日を使ってしまいますが、自然を200%感じ素敵な時間を過ごせるので訪れる価値のある遺跡だと思います!

4. Pre Rup / プレループ

ベンメリア遺跡を16時半ごろあとにし、市内へもどるとあっという間に18時過ぎ。

アンコールワットでは夕陽を見るために激混みになるということで、プレループへ夕陽をみに訪れてみました!

着いてすぐに、上まで登ると18時半!ちょうどきれいな夕陽が沈み、空が綺麗に色つく時間にくることができました!

コロナの影響はあったかもしれませんが、プレループであればギリギリでもこんな眺めがちゃんと見れます。

夕陽と私のお写真ですが、ここで写真を撮ってるスペインの方々を羨ましい目で見ていたら、今タイミングいいから撮りなよ!と譲ってくれました♡

みなさんも上へ登ったら角っちょで、足をぶらぶらさせながら写真を撮ってみてくださいね!
(真下が地面ではないのでそれほど怖くないはず!)

コロナが終息したらカンボジアへ訪れてみては!?

実際にカンボジアに訪れてみて驚いたことは、アジア・東南アジア好きの私が今まで訪れたアジア圏の中で、1番物価が安く貧困の国なのに、1番人の笑顔や優しさを感じ、美味しいご飯がたくさんあって、素晴らしいサービスを受けた国だったこと!

旅好きの方々には厳しい1年となりそうですが、是非コロナウイルスの終息後の旅行にはカンボジアへ訪れてみてください♡

0
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

コメントするためにはログインが必要です。

ログインはコチラ

新規登録(約30秒)はコチラ

■この記事を書いたタビニスト

NIA

4,944 views

プロタビニスト

自身でもインフルエンサーマーケティングを職とする、インスタグラムのスペシャリスト国内外の企業やブランドとコラボし、トラベルインフルエンサーとしてファッション・フード・旅行 を世界に発信している


海外渡航歴はアジア・ヨーロッパを主に20カ国40都市以上
パートナーがスウェーデン人ということもあり、里帰りも含め年に数回は海外旅行へ
旅行はツアーを使わず、現地で人気のスポットを様々な言語で調べ上げ5分単位で予定表をつくるオタク気質な一面が

プロフィール

関連記事一覧