• HOME
  • 投稿
  • PRO
  • オフシーズンでも楽しめる♪ 【ニース】おすすめショッピングスポット♪

オフシーズンでも楽しめる♪ 【ニース】おすすめショッピングスポット♪

PRO

南フランスの【ニース】と聞くと、
風光明媚な
高級リゾート地のイメージが
強いのではないかと思います。

私もいつか行きたい憧れの
場所!というイメージでしたが、
そんなニースも旅行する時期を
少しだけ外していくだけで
旅費も
抑えられる上、
ゆっくり過ごせるので
オススメです!

ちなみに私は、
オフシーズンと言われる
10月に行きましたが
気候も意外と過ごしやすく、
観光以外にも
ワクワクするような
可愛いショッピングスポットが
沢山あり、楽しめました。

面白いのは、
ニース市内の
メインのショッピングスポットは
大きく分けて二箇所あり、

デパートやファストファッション
などがある近代的な雰囲気の
ジャンメドサン通り界隈と、

昔ながらの市場などで賑わっている
オリエンタルな雰囲気が漂う
旧市街があり、
エリアによって全く違う雰囲気が楽しめるのも
魅力的でした^ ^


早速、
エリア別にニースの
オススメショッピングスポットを
紹介させていただきます^ ^


※【ニースについて】

ニースはコート ダジュールにあるアルプ=マリティーム県の県庁所在地で、アンジュ湾の小石の多い海岸沿いにあります。ギリシャ人によって建設され、19 世紀にはヨーロッパのエリートたちの保養地となり、長年にわたって多くの芸術家たちのゆかりの地になっています。



ジャン・メドサン通り(Avenue Jean Médecin)

ニースのメインストリートである
ジャンメドサン通りは
マセナ広場(Place Masséna)から伸びる全長約1.1キロの通りです。

トラムも走っていて、
観光客や多くの人で賑わっています。

この通りには
ニース最大の教会
【ニースノートルダム寺院】
もあります。

まずは、
この通りにある
お買い物スポットを
4箇所紹介させていただきます。

【ギャラリーラファイエット(Galeries Lafayette)

フランス大手百貨店
【ギャラリー・ラファイエット】のニース店。

(ギャラリーラファイエットは
最近ではパリのシャンゼリゼ通りにも新店舗が出来たことでも有名です。)

マセナ広場のすぐ隣にある
デパートで、

グッチやボッテガ・ヴェネタなどのブティックがあるほか、
デザイナーズやコンテンポラリーのウエアやシューズ、バッグなども
幅広く取り扱っていて、
ここに行けば
今の流行がわかる!というような
デパートです。

H&M COSや
雑貨、インテリアまで
揃っていて、
フロアごとに見て回るのも
楽しいです^ ^

一階には、
日本のセレクトショップでも
取り扱いのある
アクセサリー
【Gas Bijoux (ガスビジュー)】
のショップもあり、種類も豊富なので
是非チェックしてみてください♪

※【Gas Bijoux (ガスビジュー】

1969年に南仏のリゾート地、サントロペにて創業者アンドレ・ガスにより創業したハンドメイドジュエリーブランド。 ... 斬新な色使い、大胆かつ繊細なジュエリーは熟練した職人の手によりマルセイユのアトリエにて生み出されています。

上の階へ行くと、
センスの良いセレクトショップも
揃っています。

私も愛用している、
【VEJA(ヴェジャ)】の
スニーカーの取り扱いもあります。

※ 【VEJA(ヴェジャ)
は、2004年にスタートした
フランス発のサステナブルスニーカーブランド。

ブラジルで育てられたオーガニックコットンのキャンバス生地やアマゾンの野生のゴムの木から作られたソールなど、生産者と環境に対して誠実なシューズを製作されています。

ブランド名のVejaにはポルトガル語で「見る」という意味があり、「生産されたシューズの向こう側には何があるのか」を考慮したものづくりにこだわっている、
過程やコンセプトも魅力的なブランドです。

こういった、
フランス発のブランドも
是非チェックしてみてください♪

最上階は、
インテリアショップもあり、
寝具からキッチン雑貨まで
なんでも揃っています。

オールホワイトの
ディスプレイも素敵でした。

今、世界中でエコの意識が
高くなってきていますが、
ギャラリーラファイエットでも
環境に優しい素材を使った
グッズや衣類などが
集積された
ディスプレイが
目立って印象的でした。
     
リサイクルに関するVPが
ユニークだったり、
カラー別で
打ち出されているのも
素敵でした。

⭐︎tax free 情報
ギャラリーラファイエット内の総額175€で適用になります。
※同じ日の総額のみ適用になるそうです。

【ギャラリーラファイエット(Galeries Lafayette)】

住所: Google map

https://maps.google.co.jp/maps?ll=43.698563,7.269817&q=43.698563,7.269817

電話番号:+33-4-92173636

営業時間:
月〜土 9:30-20:00
日  11:00-20:00

公式サイト:
http://www.galerieslafayette.com/magasin-nice

【ニースエトワール(NICE ETOILE)

ニースエトワールは、
1982年にオープンしたショッピングセンターで、
ショップは約100店舗あり、カジュアル系など手頃な価格帯の商品を取り扱う店が多くあります。

飲食店は約10店舗ほどで、
サンドウィッチ屋さん、アイスクリーム店、スターバックスなどのカフェがあります。

⭐︎ nature &decouvertes (ナチュールデクールヴェルト)

ニースエトワールの
個人的なオススメは最上階で、

特によかった
2店舗をご紹介します。

まずは

【nature &decouvertes
(ナチュールデクールヴェルト)】

自然志向で色んな癒し系グッズが
あり、
ヨガやピラティス の
グッズも取り扱いがありました。

私が一目惚れしたのは、
ショーケースの
アクセサリーコーナー。
ナスカの地上絵の
ハチドリ のリングが可愛く、
購入しました。

リング2点購入で
40€くらいでリーズナブルでした。

⭐︎maisons du monde(メゾンデュモンド)

オススメのもう1店舗は
【maisons du monde(メゾンデュモンド)】

ザビエルマリーによって1996年にブレストに設立されたフランスの家具およびインテリア会社です。

こちらのお店がとても可愛く、滞在中に
2回通いました。笑笑

コーナーごとの
ディスプレーの世界観も
可愛く、
色々欲しくなりましたが、
荷物になるので今回は
自分のものは我慢。笑笑

10月だったので
ちょうどクリスマス前
ということもあり、
クリスマスのオーナメントも
種類が豊富で見ているだけでも
可愛かったです!
私は姉と姪っ子に、
可愛い
クリスマスオーナメントを
買いました^ ^

荷物にはなりますが、
新婚旅行で、
雑貨を揃えるのも
良さそうなお店だなと
思いました!

次に行く時は
自分のものも買い揃えたいです^ ^
笑笑

また絶対に行きたいと
思ったお店です。

【NICE ETOILE(ニースエトワール)】
住所:Google map

https://maps.google.co.jp/maps?ll=43.701718,7.267776&q=43.701718,7.267776

※ Jean Medecin駅すぐ

電話番号: +33-4-92173817

営業時間:

月〜土10:00-20:00
日  11:00-19:00

公式サイト:

http://www.nicetoile.com/

【HEMA】

日本未上陸の
【HEMA】
は、1926年にオランダ・アムステルダムにて創業、低価格で販売するプチプラショップです。

フランスには2009年に進出して以来、ヨーロッパでは3番目に店舗数が多いほどの人気ショップに成長しています。

入り口には1€〜
のチョコレートやお菓子なども
ぎっしり
陳列されていたり、
遊び心のある
文房具などの種類も多く
子供も喜びそうなものばかり!

パーティー用品や
ラッピング、
お皿などのキッチン雑貨や
コスメ類まで幅広く
取り扱いがあります。

リーズナブルなのに
お洒落なものが多いので
ついつい、
あれもこれも買ってしまいそうに
なります。

結局、
私はゴールド ドットの
可愛い紙皿と紙コップセット、
マニキュアなどを購入。

マニキュアも確か3€ほどで
カラーバリエーションも沢山あり
塗り心地もよくオススメです。

写真は無いですがコスメも
充実していました。

あとは子供が
喜びそうな
塗り絵や
スタンプセットが
とても可愛くて、
姪っ子へのお土産を
たくさん購入してしまい
ました。笑笑

お子さんへのお土産探しにも
オススメのお店です。

【HEMA】

住所:
Google map

https://goo.gl/maps/DnEJzmg7Y5kihNSdA

営業時間:
月〜土 10:00〜19:30
日   11:00〜19:00

instagram:
https://instagram.com/hemanederland?igshid=ju88wrtxm9x4

【monoprix(モノプリ)】

ジャンメドサン通りの
オススメのお店、
最後にご紹介するのは、

フランスでは
有名なスーパー
monoprix(モノプリ )。

 
一階の食料品売り場では
エシレバターなどもリーズナブルに
購入できます。

フランスのAOP認定のフレッシュバターが使われている
メール・プラール サブレ
(写真の赤い箱が目印)

はお土産にオススメです^ ^

二階には衣料品や雑貨なども
あり、生活用品は全て揃います。

【monoprix(モノプリ)】

住所:
Google map

https://maps.google.co.jp/maps?ll=43.7022958,7.2672831&q=43.7022958,7.2672831

※ Jean Medecin駅から徒歩2分

電話番号:
+33-4-92477262

営業時間:
月〜土 8:30-21:00
日 9:00-13:00

公式サイト:
http://www.monoprix.fr/

【ニース旧市街】

ここからは
雰囲気がガラッと変わる
旧市街のご紹介!

ニースの旧市街は
細い路地が入り組んだ、スパイスの
香りがどこからともなく漂ってくる雰囲気のある街並みです。

地中海料理に欠かせないハーブやスパイス、オリーブ、
プロヴァンス石鹸など 様々な
お店がひっそりと軒を連ねているので通りを歩くだけでも楽しめます^ ^

トルコだったり、
どこの国を旅していても、
【旧市街】を見ればその国の
ありのままの
雰囲気がわかる気がするので、
味のある旧市街の雰囲気が
好きです。

後から知りましたが、
この旧市街、実は
【第二次世界大戦で無事だった街】
という、貴重な場所だそうです。

旅の面白いところは、
こうやって後から調べている時に
初めて知る事も多く、その土地のこともさらに知れて、二度美味しく、
勉強できるところが
醍醐味で
やめられません。笑笑

【 Le Palais d’Osier(ル・パレ・ドジエ)】

旧市街で有名なお店といえば、
こちら!

【 Le Palais d’Osier(ル・パレ・ドジエ)】

(osier は柳のことだそうで、訳すと
編み細工の宮殿)

創業110年以上という老舗のカゴバッグ屋さんです。

青の屋根とかごバッグがぶら下がっている外観からしてすでに
可愛い!

中に入ると、
小さいものから
大きいものまで
所狭しとバッグが
並んでいました。

ここで作っているものもあれば
モロッコで作られたものもあるそうです。

【 Le Palais d’Osier(ル・パレ・ドジエ)】

住所:
Google map

https://maps.google.co.jp/maps?ll=43.697093,7.273703&q=43.697093,7.273703

※ オペラ ヴィエイユ・ヴィル駅から徒歩2分

電話番号:
+33-4-93625776

営業時間:
10:00-19:30 (冬期は ₋18:30)
定休日:
日曜日、11月の3週

【L'epingle a Linge】

こちらのお店は
リサーチしていなくて、
初日に通りかかった時に
惹きこまれた
ファブリックのお店

【L'epingle a Linge】
です。

テーブルクロスから
クッションカバーまで
幅広く生地を取り扱っていらっしゃり、
日本のガイドブックにも
載っていない
穴場のお店です。

私は、
初日見たときから
気になっていた、
周りに可愛いポンポンが
あしらわれた
貝殻柄のビーチマット?を購入!

下調べしていなくても
最初に気になったお店って
もう一度通ってもやっぱり
惹かれる、素敵なお店!!

サラジェシカパーカーさんに
雰囲気がどことなく似ている
こちらの店員さん、
洗練された着こなしも、
笑顔もとても素敵なお方。

お会計の時に、
『日本に旅行したことがあって
大阪に行ったよ^ ^』
などと
世間話をしてくれて
お人柄も素敵でした。

海外に行って接客を
受けると、とても
勉強になることが多く
刺激になります。

【L'epingle a Linge】

住所:
Google map

https://goo.gl/maps/LVJ5dF3pFTJ31ThD9

電話番号: 04 93 13 06 03

【サレヤ広場(Cours Saleya)】

旧市街といえば、
欠かせないのは
【サレヤ広場(Cours Saleya)】
のフラワーマーケット。

1897年に設立された世界初の卸売切り花市場と言われていて、
ミモザ、ダリアなどが人気のフラワーマーケットだそうです。

朝からカラフルなお花に
元気を貰えました^ ^

次回滞在することがあれば
お花を買ってみたいです^ ^

お花以外にも、
果物や野菜、
ハーブティーやスパイス、ビスケットや石鹸なども売られており、
お土産を買うのにもオススメの場所です。

私達が行ったのは
火曜日でしたが、
月曜日には古い家具や骨董品などを販売するアンティークマーケット、土曜日にはアンティーク本などが販売されているブックマーケットが開催されているそうです。

【サレヤ広場(Cours Saleya)】

住所:
Google map

https://maps.google.co.jp/maps?ll=43.695607,7.274923&q=43.695607,7.274923

※ トラム1 Opéra - Vieille Ville または バス98番 Opéra - Vieille Villeから徒歩約5分

営業時間:
マーケット
火〜土6:00-17:30
日 6:30-13:30

定休日
:マーケット - 月曜日, 祝日

公式サイト:
https://en.nicetourisme.com/nice/45-cours-saleya

【さいごに】

最新スポットと旧市街、
両方楽しめる
ニースのお買い物スポット、
いかがでしたか?

【STAY HOME】
家で過ごすことが増えた今、
可愛いSHOPや雑貨の写真を見て、
少しでも
ワクワク感を感じていただけたら
嬉しいです♪

また、
安全に旅ができるようになって、
ニースに行かれる方が
いらっしゃいましたら、
その時に
どなたかの
お役に立てれたら
幸いです^ ^

0
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

コメントするためにはログインが必要です。

ログインはコチラ

新規登録(約30秒)はコチラ

■この記事を書いたタビニスト

misa.style

7,152 views

プロタビニスト

海や自然が綺麗な場所、離島が好きです。

世界の建築を見たり、
大聖堂に行くのも好きです。

ガイドブックに載っていないような
場所を見つけて行くのも好きです。

プロフィール

関連記事一覧