• HOME
  • 投稿
  • PRO
  • 【1日7食の長崎グルメ旅レポ】長崎の〆めはおにぎりだったことに衝撃と感動を覚えた【supported by ナンバーワントラベル】

【1日7食の長崎グルメ旅レポ】長崎の〆めはおにぎりだったことに衝撃と感動を覚えた【supported by ナンバーワントラベル】

PRO

長崎でのグルメ旅

こんにちは、新婚旅行で世界一周していた桜子です。
今日は珍しく、国内の旅レポートをお届けしたいと思います!
「長崎のグルメ旅」です!

正直ね、行く前は「長崎かぁ〜、ちゃんぽん以外なにかあるっけ?」こんな風に思っていました。

良い意味で期待を裏切られました。バッサリと。

最大の名物「ちゃんぽん」は当然美味しかったんだけど、それ以外にも超〜新鮮なイカとか、あとは何と言っても〆めのおにぎり!

口に入れるものすべてが本当に美味しくて美味しくて…!

すべての長崎県民の皆様に謝りたい!
長崎大好きです!!!

すべての長崎県民の皆様への謝罪と愛を込めて、長崎グルメ旅レポートをお届けしたいと思います!

まずはド定番「長崎ちゃんぽん」に挑戦

長崎と言えば何と言っても「ちゃんぽん」ですよね。
濃厚なんだけどくどすぎない、まさに絶品でした!

ちなみに私たちが行ったお店は食べログで一番人気の高かった、中華街にある「江山楼」!

これまで食べたことのある「ちゃんぽん」より二倍も三倍も、本格的な味に感動。さすが本場の味と言ったとことですね。

もちろん「角煮まん」もいただきました!

角煮とパンが別々に出てきて、自分で角煮まんを作るのが長崎流。
角煮はトロットロで、脂身の甘みがやみつきになる味。
それをもちもちのパンに挟んで食べるんです。

会話を楽しみながら食べたかったのに、角煮まんが美味しすぎて、旦那さんは無心で角煮まんを頬ばってました。笑

おやつは「カステラ」をチョイス

長崎のおやつといえば「カステラ」ですよね!
私たちがおじゃましたのは、明治33年から続く超老舗の「文明堂」。
長崎カステラは底にザラメ糖が入っていて、適度な甘さと食感が最高でした!

おやつの第二弾は、隠れた長崎名物「ミルクセーキ」

注文してびっくり!
長崎のミルクセーキは、なんと「食べるミルクセーキ」なんです。

氷に卵黄と牛乳、練乳にはちみつを混ぜて固形にしたものが長崎流のミルクセーキ。
「甘いかき氷」みたいなイメージです!

私たちは、九州でもっとも歴史のある喫茶店「ツル茶ん」でミルクセーキをいただきました。
当時のノスタルジックな雰囲気をそのままに残してあり、現地の人だけでなく、観光客にも人気がある名店です!

夜の部一軒目は隠れた名物「一口餃子」で決まり!

長崎の友達から激しくオススメされたのがこちら、「雲龍亭の一口餃子」。
餃子って聞くと浜松や宇都宮が有名ですが、一口餃子は長崎が発祥なんです。

開店前から長蛇の列ができていて、超大盛況。
一口サイズで食べやすいので、少食の私もパクパク食べられました!
気づいたら2人で4人前も…笑

お次は超〜新鮮なイカをゲット!長崎港でとれるイカはまさに絶品

長崎港のある長崎は、イカの生き造りが有名!
とれたてのイカをその場でさばいてくれます!
なんと、出てきた時はまだ生きていて、足や頭がピクピクしていました。

当然、そんな超新鮮なイカがまずいわけがありません。
これまで食べたどのイカよりも美味しかったです。

長崎流!〆めはおにぎりで決まり!

おにぎりで〆めるのが長崎流。
〆め方にまで地域の特性があるのって面白いですよね!
ラーメンで〆める名古屋流に慣れ親しんでいる私たちは、長崎の友達にオススメされるがまま、恐る恐るおにぎり屋さんへ。

そしたらなんとびっくり!
そこには顔を赤らめた(いかにも出来上がっている)人たちで長蛇の列ができていました!

塩さばや紅生姜など、名古屋では決して見ることのできないおにぎりの種類が…!

挑戦心旺盛な私たちは、あえての塩さばと紅生姜をチョイス!

おにぎりに紅生姜って想像つかないですよね?
涙出るほど美味しかったです!
くどくなく、まさに〆めにぴったり!
〆におにぎり、完全にハマりそうです!!

まとめ

超〜大満足だった長崎のグルメ旅。
どれも美味しくて大満足なんですが、一個だけ後悔があります。

それは、食べたいものがありすぎて、美味しい食べ物がありすぎて、観光地を全然回れなかったということ。笑
原爆資料館も島原城も行くはずだったのに、食べ物が美味しすぎて予定が大幅に狂いました。笑

そんな絶品料理の宝庫「長崎」へ、ぜひ足を運んでみてくださいっ!!!

1
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

コメントするためにはログインが必要です。

ログインはコチラ

新規登録(約30秒)はコチラ

■この記事を書いたタビニスト

喜多 桜子

176 views

プロタビニスト

幸せとは?をテーマにこれまで世界二周を経験。
1度目はひとりで、2度目は夫婦で世界を巡り、これまでの訪問国数は、約70カ国200都市を達成。
「既成概念に囚われない個性的な夫婦」として数多くのメディアに出演。



帰国後は、介護ベンチャー「株式会社エブリ・プラス」で取締役COOとして活動する傍ら、各国のPR活動や、旅、ライフスタイルについて講演会などインフルエンサーとしても活動中。
人生の目標は、自分にしか出来ないことをして、一人でも多くの人とハッピーをシェアすること!

プロフィール

関連記事一覧