• HOME
  • 投稿
  • PRO
  • アウトドアブランド「patagonia」の元にもなったパタゴニア地方とは…??

アウトドアブランド「patagonia」の元にもなったパタゴニア地方とは…??

PRO

パタゴニア地方ってどんなところなのか...??

こんにちは。Kantaです。

今回はパタゴニア地方とは、一体どんなところなのか。そして見所を自分の経験に沿ってお話ししていきたいと思います。

パタゴニア地方...??どこじゃそりゃ...

「パタゴニア地方」...
それは、南米の最南端を含む南の地域のことを指します。

アウトドアブランドの「patagonia」もこのパタゴニア地方からの由来だと言います。

日本からだと、直行便はありません。
自分の場合ですと、一度アメリカに飛び、そこからアルゼンチンのブエノスアイレスに行きました。

その後、ブエノスアイレスからエルカラファテというアルゼンチンの西に位置する都市に行きました。

パタゴニア地方には何があるのか...??

そんな日本の裏側に位置するパタゴニア地方ですが、パタゴニア地方と一言に言っても範囲はだいぶ広いです。

また、アルゼンチン側に見所が集中しているわけではなく、チリ側にも魅力的な場所はたくさんあります。

チリ側の魅力(ざっくりと)

チリ側の見どころは「トレス・デル・パイネ国立公園」です。

チリもアルゼンチンも公用語はスペイン語になりますが、この「トレス」というのはスペイン語で「3、3つ、3つの」といった具合に英語で言う「three」のような意味をです。

つまりこの「トレス・デル・パイネ国立公園」というのは、写真でご覧いただけますように大きな3つの山を合わせて「トレス・デル・パイネ」と呼ぶそうです。

トレッキングの聖地「トレス・デル・パイネ」

ここでは主にトレッキングができるわけですが、この「トレス・デル・パイネ国立公園は」トレッキングの聖地と呼ばれているそうです。

1日のトレッキングコースから長いもので10日かけて大きく回るトレッキングコースまで様々あるそうです。

時間の都合もあって自分は1日で回れるツアーを申し込み、ツアーガイドとともに説明を受けながらゆったりと回りました。

1日のツアーでも十分見応えはあると思います。

もっと間近で大自然を感じたい!!という方ならばもっと日数をかけてゆったりと回ってもいいかもしれません。

氷河トレッキング

次にご紹介したいのは「ペリトモレノ氷河」です。

アルゼンチン側のエルカラファテという街からツアーが出ていたので自分はそれに参加しました。

このツアーに関しては少し値段が張りますが、肉眼で氷河を見ることができるという貴重な体験をすることができます。

ここでは実際にアイゼンを履き、氷河の上をトレッキングすることができます。

途中で大きなクレバスがあったり、氷河の氷を使ってウイスキーのロックを飲むことができたり、非日常を味わうことができます。

ツアーの最後にはトレッキングをした氷河の展望台に行くことができ、氷河の全容を見ることができます。

運が良ければ、実際に氷河が滑落する様子も見ることができます。
僕が行った時には一度大きな滑落があり、爆弾が爆破したような大きな音とともに崩れ去る様子を見ることができました。

フィッツロイ山

最後にご紹介したいのは、「patagonia」のモデルにもなった山、フィッツロイ山です。

ここはパタゴニア地方の中で、個人的に一番お気に入りの場所で、大自然の中をトレッキングすることができます。

朝、早起きして見ることのできるこのフィッツロイ山の色の変化はこのフィッツロイ山のトレッキングの中で1番の見どころです。

エルチャルテンという小さな町から1時間ほど登ったところの展望台で見ることができます。

フィッツロイのトレッキングコースを4、5時間進んだ先にあるキャンプサイトでは、夜になると、満天の星空を見ることができます。
周りに余分な光がなく、クッキリとした星の数々を肉眼で見ることができます。

そしてトレッキングコースの最終到達地点では一番近くでこのフィッツロイ山を見ることができます。

目の前には綺麗なコバルトブルーの湖があり、フィッツロイ山の鏡ばりの絶景を見ることができます。

最後に

いかがだったでしょうか。

パタゴニアは地方は自然好きにとっては最高の場所だと思います。
特にフィッツロイ山は形が素晴らしく、剣のようにかっこいい姿を私たちに見せてくれます。

治安面で考えてみても、治安の比較的悪い南米の中でもパタゴニア地方は非常に安全な地域だと言われています。

世界中からトレッキングをしに来る人々で集まるパタゴニア地方。
ぜひ一生に一度は足を運んでみてはいかがでしょうか...??

0
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

コメントするためにはログインが必要です。

ログインはコチラ

新規登録(約30秒)はコチラ

■この記事を書いたタビニスト

Kanta

111 views

プロタビニスト

■ただのどこにでもいる大学生
本当にただのどこにでもいる大学生です。
しいて言えばアルバイトしてます。全力で。


大学4年の途中から休学して少しばかりですが海外放浪しました。
その時に訪れた国のことなどをネタに書いていこうと思います。
現在はホテル経営に興味があり、ホテルでのインターンや地方創生にについて勉強中。
↓自身のブログでも日々気づいたことを綴ってますのでよかったらどうぞ!↓

プロフィール

関連記事一覧